share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

Slack ユーザメンションの仕様変更 (Datadog例)

WRITTEN BY 大住 孝之

結構前からアナウンスはされているのですが、すぐ忘れるので残しておきます。
Datadog だけでは無いですが、Slack側仕様変更により、Slack上の個別ユーザへメンションする際の指定の仕方が変わります。

The undocumented approach to mentioning users via the API — <@username> — will no longer function after September 12, 2018. Please reference with the user ID format (<@U123>) instead

既に始まっていて、使えなくなっている状況もあるようです。

Datadog Monitor → Slack

Slack Integration を設定することでSlackへの通知が可能です。 @slack-〜 でSlackチャンネルへの通知設定を入れている状態で以下のようにするとユーザメンションになります。

不等号(<>) で囲って @ユーザ名

<@slackbot>

不等号(<>) で囲って @ユーザID

<@USLACKBOT>

username_like_string とやらも使えるようですが、 試した所特に Alias としては機能していないようでした。Slackとしては非推奨のようなので利用しない方が良いかと思います。

  • いずれも Slack 上では @slackbot として見える
<@USLACKBOT|slackbot> 
<@USLACKBOT|hoge>

アナウンスメンション

@here@channel での通知設定も可能です。

<!here>
<!channel>

チャンネルIDのリンク

#general のようなチャンネルのリンクを通知に載せたい場合は #にチャンネルIDです。
存在しないIDを指定すると #unknown-channel と変換されました。

<#channelid>

Slack の ID

APIで取得するか、後述する方法で取得できます。

ユーザID (member ID)

クライアントからは以下のように取得が可能です。

  • [View profile] -> [Copy member ID

チャンネルID

対象のチャンネルを右クリック -> [Copy URL]

# XXXXXXXXX = Channel ID
https://*****.slack.com/messages/XXXXXXXXX

別途お知らせはあると思いますが、 <@username> 形式は 2018/09/12 で廃止されるとのことなのでお気をつけください。

元記事はこちら

Slack ユーザメンションの仕様変更 (Datadog例)

大住 孝之

構築運用担当。 個性的な面々の中で無個性という個性を打ち出していこうと画策中。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。