share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2013.01.25 FRI

NagiosでOracleの接続確認

NagiosではOracleのプラグインとして、check_oracleがあります。
しかし監視可能な項目は下記となり、実際にqueryを発行しての接続確認ができません。

check_oracle –tns
check_oracle –db
check_oracle –login
check_oracle –cache
check_oracle –tablespace
check_oracle –oranames
check_oracle –help
check_oracle –version

尚、MySQLのプラグインであるcheck_mysqlの場合、接続確認ができます。

そこで確認したところ、Oracleのqueryを発行しての接続確認ができるプラグインcheck_sql_queryがありました。
(Nagios Exchangeからダウンロードできます)

/usr/lib64/nagios/pluginsに配置した後、下記を自分の環境に合わせます。

79 export ORACLE_HOME=***
80 export PATH=***

コマンドは下記となります。

check_sql_query access_file query_file

access_fileの中身は以下になります。

USERNAME [ユーザネーム]
PASSWORD [パスワード]
CONNECTION_STRING [ORACLE_SID]

query_fileの中身は以下となります。

SQL_QUERY [select文]

接続確認が正常の場合、下記のようになります。

# /usr/lib64/nagios/plugins/check_sql_query access_file query_file
[OK] successful sql query execution | elapsedTime=1secs

こちらの記事はなかの人(cimacoppi)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

長谷部 隆之

長谷部 隆之

別名cimacoppi。日々サーバ運用保守を行ってます!

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。