share facebook facebook facebook twitter twitter menu hatena pocket slack

2018.03.26 MON

Switch文のインデントがきらいっ!><

高橋 慎一

WRITTEN BY 高橋 慎一

久々投稿ですが、小ネタです。

今回はNode.jsの話ですが、他の言語でもSwitch文を書いているとき

switch (value) {
    case "patternA":
        someFunctionA();
        break;
    case "patternB":
        someFunctionB();
        break;
}

ってよくやると思うんですけど、

ここ きもくないですか?


break;
}

ここ

何がきもいってインデントです。
この例だと4spacesなインデントですが、最後だけ8spacesになっちゃうじゃないですか。

ってわけで最近はこうしてます。

switch (value) {
    case "patternA": {
        someFunctionA();
    }
    break;
    case "patternB": {
        someFunctionB();
    }
    break;
}

他の言語でも使えるかわかりませんが、スコープさえちゃんとしてればキモさからは解放されるので、僕みたいにどうしてもイヤな人はお試しあれ。

元記事はこちら

Switch文のインデントがきらいっ!><

高橋 慎一

高橋 慎一

最強。敗北を知らない。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。