share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

cronの権限周りで躓いたので覚え書き

crontabはユーザーごとに設定されている。
crontabで実行したコマンドはcrontabの権限で実行されている。

ユーザー別に設定したcrontabがまとめられているディレクトリ

各ユーザーからcrontab -eで設定したcronは以下のディレクトリにある各ユーザー名のファイルで確認することが出来る。
/var/spool/cron/
現状ログインしているユーザーのcrontabの設定の確認だけであれば
crontab -lで確認出来る。

ユーザー別の実行ログがまとめられているディレクトリ

/var/spool/mail/

まとめ

cronが動かない場合は、cronが何を実行しようとして、そのcrontabの所有者権限は誰なのか確認した方が良い。
その他crondが起動しているか、ファイルはフルパスで指定されているか、も確認したほうが良い。

元記事はこちら

cronの権限周りで躓いたので覚え書き

宇敷 久里也

宇敷 久里也

WEBプログラマです。WEBに関することは、なんでも興味あります。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。