share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2018.02.15 THU

「LINE API Expert」の初代メンバーの一人に認定されました!

比企 宏之

WRITTEN BY 比企 宏之

「LINE API Expert」の初代メンバーの一人に認定されました!


なぜ比企がLINEにたどり着いたのか?は別の機会として、

なぜLINEを選んだのかってのは、
開発者は大きくわけて4つのやりたくないがあり、

その理由の一つをクリアするPFなので、推しています。

やりたくない作業として
<ドキュメントを書く・インフラの面倒を見たくない・テストしたくない・アプリの審査したくない>
その中での比企のアプローチは「インフラの面倒を見たくない」は

サーバーレスで”ある程度”ですが前進していますが、

「アプリの審査したくない」は、
審査特有の作法やちょっとでも内容が担当者に理解されなければ
すぐにリジェクトされるという、アプリの審査の為の作業や設計が無駄に必要です。

LINEのchat botは、その審査のお作法的な作業的な部分が存在せず(

もちろんエロ関係はダメですが)に、
POCのレベルでもガンガン試すことができ、

この時代にあったスマフォアプリのリリーススタイルをとることができると思っています。

またサーバーレスアーキテクチャーでアプリをサクッと作りたい時にも、LINEのchat botのPFは有効に働き、
サーバーレスアーキテクチャーでの実装にも適した存在です。

もちろんアプリを作るのにも有効で、これはもう少ししたら、

実践の場で見せたいと思います!

LINE API Expertとして、LINEのPFの普及ももちろんしますが、
サーバーレス&LINE PFで、エンジニア(特に地方)がもっと面白い事の実現の為に、
認知の活動を実施していこうと思います。
お話はいくらでもしますので、勉強会へのお誘いよろしくお願いします!

元記事はこちら

「LINE API Expert」の初代メンバーの一人に認定されました!

比企 宏之

比企 宏之

The latest Tweets from Universal Ocellaris (@UniOce). そろそろ自身が得意とするエリア(IoT)に世の中が近づいてきて虎視眈々と決起のタイミングを狙っている開発では無敗の元モバイル端末開発&WEBアプリ開発者で、今はクラウド業界にダイブして、cloudpackのMSPのリーダーの一人

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。