share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2013.11.26 TUE

Amazon EC2 で M1,C1 インスタンスを使ってる人は今すぐ C3 を使い始めよう

吉田 真吾

WRITTEN BY吉田 真吾

cloudpackエバンジェリストの吉田真吾@yoshidashingo)です。

Amazon EC2 を利用するとき、スタンダードな利用にはとりあえず M1、ちょっとしたCPUバウンドな処理が多い場合には C1 を使っちゃいますよね。そんなアナタはものすごく損をしている可能性が高いです。

先々週の AWS re:Invent で発表になった新しい Amazon EC2 インスタンスタイプ である「C3」の値段を見ると、実はとてもおトクであることが分かります。

■注意

2013/11/24 の各タイプについて、Linuxを米国東海岸リージョンでオンデマンドで利用する場合の値段を基準としてます。
データの永続化に使うディスクは別途EBSをアタッチして利用することを想定してます。あまりインスタンスストレージにこだわらない場合の前提で参考にしてくれればと思います。

■1. 現在 Medium を利用している場合

<table><tr><td>type</td><td>サイズ</td><td>vCPU</td><td>CPU種別</td><td>ECU</td><td>RAM</td><td>インスタンスストレージ</td><td>ネットワーク</td><td>価格</td></tr><tr><td>M1</td><td>Medium</td><td>1</td><td>Intel Xeon ファミリー</td><td>2</td><td>3.75GiB</td><td>1x410GB 通常</td><td>中</td><td>$0.120/h</td></tr><tr><td>C1</td><td>Medium</td><td>2</td><td>Intel Xeon ファミリー</td><td>5</td><td>1.7GiB</td><td>1x350GB 通常</td><td>中</td><td>$0.145/h</td></tr><tr><td>C3</td><td>Large</td><td>2</td><td>2.8 GHz Intel Xeon E5-2680v2 (Ivy Bridge)</td><td>7</td><td>3.75GiB</td><td>2x16GB SSD</td><td>(詳細不明だがクラスタコンピューティング用途のため高スループット/低レイテンシ)</td><td>$0.150/h</td></tr></table><p>Medium の値段帯でC3インスタンスなら Large が利用できます。</p>   <br><h4><u> ■2. 現在 Large を利用している場合</u></h4>    <table><tr><td>type</td><td>サイズ</td><td>vCPU</td><td>CPU種別</td><td>ECU</td><td>RAM</td><td>インスタンスストレージ</td><td>ネットワーク</td><td>価格</td></tr><tr><td>M1</td><td>large</td><td>2</td><td>Intel Xeon ファミリー</td><td>4</td><td>7.5GiB</td><td>2x420GB 通常</td><td>中</td><td>$0.240/h</td></tr><tr><td>C3</td><td>xlarge</td><td>4</td><td>2.8 GHz Intel Xeon E5-2680v2 (Ivy Bridge)</td><td>14</td><td>7GiB</td><td>2x40GB SSD</td><td>(詳細不明だがクラスタコンピューティング用途のため高スループット/低レイテンシ)</td><td>$0.3/h</td></tr></table><p>Large の値段帯でC3インスタンスなら Xlarge が利用できます。</p>   <br><h4><u> ■3. 現在 Xlarge を利用している場合</u></h4>    <table><tr><td>type</td><td>サイズ</td><td>vCPU</td><td>CPU種別</td><td>ECU</td><td>RAM</td><td>インスタンスストレージ</td><td>ネットワーク</td><td>価格</td></tr><tr><td>M1</td><td>xlarge</td><td>4</td><td>Intel Xeon ファミリー</td><td>8</td><td>15GiB</td><td>4x420GB 通常</td><td>高</td><td>$0.48/h</td></tr><tr><td>M3</td><td>xlarge</td><td>4</td><td>Intel Xeon ファミリー</td><td>13</td><td>15GiB</td><td>-</td><td>中</td><td>$0.45/h</td></tr><tr><td>C1</td><td>xlarge</td><td>8</td><td>Intel Xeon ファミリー</td><td>20</td><td>7GiB</td><td>4x420GB 通常</td><td>高</td><td>$0.58/h</td></tr><tr><td>C3</td><td>2xlarge</td><td>8</td><td>2.8 GHz Intel Xeon E5-2680v2 (Ivy Bridge)</td><td>28</td><td>15GiB</td><td>2x80GB SSD</td><td>(詳細不明だがクラスタコンピューティング用途のため高スループット/低レイテンシ)</td><td>$0.6/h</td></tr></table><p>Xlarge の値段帯でC3インスタンスなら 2xlarge が利用できます。</p>   <br><h4><u> ■4. 現在 2xlarge を利用している場合</u></h4>    <table><tr><td>type</td><td>サイズ</td><td>vCPU</td><td>CPU種別</td><td>ECU</td><td>RAM</td><td>インスタンスストレージ</td><td>ネットワーク</td><td>価格</td></tr><tr><td>M3</td><td>2xlarge</td><td>8</td><td>Intel Xeon ファミリー</td><td>26</td><td>30GiB</td><td>-</td><td>高</td><td>$0.9/h</td></tr><tr><td>C3</td><td>4xlarge</td><td>16</td><td>2.8 GHz Intel Xeon E5-2680v2 (Ivy Bridge)</td><td>55</td><td>30GiB</td><td>2x160GB SSD</td><td>(詳細不明だがクラスタコンピューティング用途のため高スループット/低レイテンシ)</td><td>$1.2/h</td></tr></table><p>2xlarge の値段帯でC3インスタンスなら 4xlarge が利用できます。</p>   <br><h4><u> ■5. 現在 4xlarge を利用している場合</u></h4>    <table><tr><td>type</td><td>サイズ</td><td>vCPU</td><td>CPU種別</td><td>ECU</td><td>RAM</td><td>インスタンスストレージ</td><td>ネットワーク</td><td>価格</td></tr><tr><td>CC2</td><td>8xlarge</td><td>32</td><td>Intel Xeon ファミリー</td><td>88</td><td>60.5GiB</td><td>4x840GB 通常</td><td>10 ギガビット</td><td>$2.4/h</td></tr><tr><td>C3</td><td>8xlarge</td><td>32</td><td>2.8 GHz Intel Xeon E5-2680v2 (Ivy Bridge)</td><td>108</td><td>60GiB</td><td>2x320GB SSD</td><td>(詳細不明だがクラスタコンピューティング用途のため高スループット/低レイテンシ)</td><td>$2.4/h</td></tr></table><p>これは比較対象が CC2 しかなかったのですが、あまりおトク感はないですね。</p>   <br><h4><u> ■まとめ</u></h4>   <p>以上から、少なくとも M1,C1 については、わざわざ今から選ぶ合理的な理由が非常に少ないことが分かると思います。C3 を選んだほうがコスト効率がよいと思います。</p>  <br><br> こちらの記事はなかの人(<a href="http://d.hatena.ne.jp/yoshidashingo/" target="_blank" title="yoshidashingo">yoshidashingo</a>)監修のもと掲載しています。<br>元記事は、<a href="http://d.hatena.ne.jp/yoshidashingo/20131124/1385308167" target="_blank" title="こちら">こちら</a>

吉田 真吾

吉田 真吾