share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

iOS用のdlibをビルドする

近藤 寛志

WRITTEN BY 近藤 寛志

概要

最新版のdlibを使いたかったためiOS用のlibdlib.aを作成しました。
そのときのメモを残します。
参考

dlibダウンロード

dlibのサイトからダウンロードします。
2017/12/11現在の最新版は19.7です

必要なものインストール

X11

https://www.xquartz.org/

cmake

brew install cmake

libdlib.aビルド用のXcodeプロジェクト作成

examplesディレクトリ内に移動し、buildディレクトリ作成、移動

cd examples
mkdir build; cd $_

下記コマンドでXcodeプロジェクトを作成します。

cmake -G Xcode ..
cmake --build . --config Release

iOS用に設定を変更する

Xcodeで開く

build/dlib_buildディレクトリにdlib.xcodeproj
ができているのでXcode 8系で開きます

(いろいろ試していたため、Xcode 9系でも良いかも)

Build Settingを変更する

dlibターゲットのBuild Settingを変更します。

項目変更後
Base SDKLatest iOS (iOS XX.X)
Build Active Architecture OnlyNo

Releaseビルドに変更する

dlibEdit SchemeからRunRelaseに変更します。

libdlib.a作成

▶で実行!
Release-iphoneos/libdlib.aができあがり!

元記事はこちら

iOS用のdlibをビルドする

近藤 寛志

近藤 寛志

スマホアプリ開発のグループリーダー。脳内デバッグやっています。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。