share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2017.12.19 TUE

AWSで時刻同期サービスがリリースされました

河村 敏貴

WRITTEN BY 河村 敏貴

これまでAWS上では時刻同期について、外部のサーバを利用する必要がありましたが、
AWS内で利用できるサービスがリリースされました。
これで外部へアクセスする必要がなくなりました。またうるう秒も自動で調整してくれるため是非利用するべきだと思います

設定方法(Amazon Linux)

以下のいずれかの方法で設定

方法1

NTPのアクセス先を以下に変更する

server 169.254.169.123 prefer iburst

方法2

ntpを削除してchronyに入れ替える

sudo yum erase ntp*
sudo yum -y install chrony
sudo service chronyd start

これからAWSを利用する場合の時刻同期は全てこれで対応していいと思います。
Windowsでも設定可能なので、詳細は以下を参照してください。

参考

Amazon Time Sync Service で時間を維持する | Amazon Web Services ブログ

元記事はこちら

AWSで時刻同期サービスがリリースされました

河村 敏貴

河村 敏貴

クラウド業界に興味を持ち、業務系のアプリエンジニアからインフラエンジニア見習いに転身しました。日々新しい技術に触れることができる環境でもがきつつも楽しい毎日を過ごしています。 河村 敏貴

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。