share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2017.10.30 MON

AWS EC2のCentOSをPVからHVMへ移行する

齋藤 康征

WRITTEN BY 齋藤 康征

(2年前の下書きを発見したので、時期を外していると思いつつ投稿します)
この記事では、昔から使われていたParaVirtualのEC2インスタンスをHVM対応とし、旧タイプのインスタンスから脱出するための手法を記します。
特に t1.micro で CPU steal に悩んでいる方は早めに t2.micro への移行をおすすめします。CPUクレジットに注意する必要がありますが、早い(CPU/network/storage)安い/うまい(メモリ1GB)と使わない理由がありません。
何度か作業をし、出来るだけ手順化をしてみたのでみなさんと共有します。
可能な限りコマンドライン一撃で終了できるようにしています。

先人の知恵

http://qiita.com/cs_sonar/items/21dbb3462708e146a426
実際の作業手順は上記のエントリーそのままですが、出来るだけsedなどのコマンドを利用しコピペで片付くような手順になっています。

作業用インスタンスを準備する

t2.micro/Amazon Linux(CentOSなどでも問題ないでしょう)でEC2を起動します。
このインスタンスIDが i-IIIIIIII として進めます。

EBSを準備する

作業用のインスタンスにアタッチするためのEBSが必要になります。
必要なEBSは二種類です。

出力先となるEBSを準備する

以下の例では作業の安定性を考慮してio1/PIOPS1000/100GBのEBSを準備します。
移行元のEBSのサイズより大きなものにしましょう。(でないと収まらない)

aws ec2 create-volume --size 100 --availability-zone ap-northeast-1a --volume-type io1 --iops 1000

ここで作成されたEBSボリュームIDを vol-DDDDDDDD として次に進みます。

出力先EBSをアタッチする

aws ec2 attach-volume --instance-id i-IIIIIIII --device /dev/sdo --volume-id vol-DDDDDDDD

元となるEBSを準備する

元となるEBSですが、以下の順序で作成します。
以下の例では作業の安定性を考慮してio1/PIOPS1000/100GBのEBSを準備します。

  • 移行元のEBSからスナップショットを作成します。
  • 作成したスナップショットから作業用EBSを作成します。
aws ec2 create-snapshot --volume-id vol-OOOOOOOO

ここで作成されたスナップショットのIDを snap-OOOOOOOO として次に進みます。

aws ec2 create-volume --size 100 --availability-zone ap-northeast-1a --volume-type io1 --iops 1000 --snapshot-id snap-OOOOOOOO

作成されたEBSボリュームIDを vol-SSSSSSSS として次に進みます

元となるEBSをアタッチする

aws ec2 attach-volume --instance-id i-IIIIIIII --device /dev/sdm --volume-id vol-SSSSSSSS

作業用インスタンスでの作業

作業用インスタンスには以下の状態でEBSがマウントされている(はず)です。

デバイス名 利用用途
/dev/xvdm 移行元EBS
/dev/xvdo 移行先EBS

移行先データ用EBSを準備する

yum -y install parted resize2fs
parted /dev/xvdo --script 'mklabel msdos mkpart primary 1M -1s print quit'
partprobe /dev/xvdo
udevadm settle

移行元データの検査とディスクサイズの(見かけ上の)縮小

e2fsck -f /dev/xvdm
resize2fs -M /dev/xvdm

移行元EBSから移行先EBSへのデータ移設と縮小したディスクサイズの復元

dd if=/dev/xvdm of=/dev/xvdo1 bs=4K count=1747941
resize2fs /dev/xvdo1

移行先EBSのマウントとchrootによる作業準備

mount /dev/xvdo1 /mnt
cp -a /dev/xvdo /dev/xvdo1 /mnt/dev/
chroot /mnt

grub導入と設定の調整

yum install -y grub
ln -s /boot/grub/menu.lst /boot/grub/grub.conf
ln -s /boot/grub/grub.conf /etc/grub.conf
rm -f /boot/grub/*stage*
cp /usr/*/grub/*/*stage* /boot/grub/
rm -f /boot/grub/device.map
cat <<EOF | grub --batch
device (hd0) /dev/xvdo
root (hd0,0)
setup (hd0)
EOF

menu.lstの調整

menu.lstでの root kernel を調整します。

  • (hd0)ではなく(hd0,0)とする必要があります。
  • デバイス名ではなくラベル名でrootを認識させます。
  • シリアルコンソールとHVM対応を明示します。
sed -i.bak -e 's:root\(.*\)(hd0):root\1(hd0,0):;s:root=.*:root=LABEL=/ console=ttyS0 xen_pv_hvm=enable:' /boot/grub/menu.lst 

以下のような形になっているか確認して下さい。root kernel あたりが要確認項目です。

default=0
timeout=0
hiddenmenu
title SUZ-LAB CentOS 6
root (hd0,0)
kernel /boot/vmlinuz-2.6.32-431.1.2.0.1.el6.x86_64 ro root=LABEL=/ console=ttyS0 xen_pv_hvm=enable
initrd /boot/initramfs-2.6.32-431.1.2.0.1.el6.x86_64.img

fstabの調整

fstabでのroot(/)をラベルで認識するように変更します。

sed -i.bak -e 's:.*\(\s\)/\s\(.*\)defaults\(.*\):LABEL=/\1/\2defaults,noatime\3:g' /etc/fstab 

以下のような形になっているか確認して下さい。 LABEL=/ / あたりが要確認項目です。

LABEL=/ /        ext4    defaults,noatime        1 1
none             /proc     proc    defaults        0 0
none             /sys      sysfs   defaults        0 0
none             /dev/pts  devpts  gid=5,mode=620  0 0
none             /dev/shm  tmpfs   defaults        0 0
/mnt/swap/0.img  swap      swap    defaults        0 0

ディスクラベルの調整

e2label /dev/xvdo1 /
tune2fs -l /dev/xvdo1 |grep name

chrootを退出して後片付け

chroot状態から元のOSへ戻ります。

exit

一時的に必要とされたデバイス関連ファイルを削除し、マウントを解除します。

rm -f /mnt/dev/xvdo /mnt/dev/xvdo1
sync
umount /mnt

AMIの作成

AMI作成のもととなるスナップショットを作成する

aws ec2 create-snapshot --volume-id vol-b7f1e741

作成したスナップショットからAMIを作成する

元記事はこちら

AWS EC2のCentOSをPVからHVMへ移行する

齋藤 康征

齋藤 康征

cloudpackの @saitara (齋藤 康征)です。 大きなトラフィックと大量のアクセスを好物としてます。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。