share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2014.05.17 SAT

RDS Oracle 起動時に指定するDB Engine Versionのv*について

岸上 健太郎

WRITTEN BY 岸上 健太郎

cloudpackがみさんです。

世間でOracleが9iR2だった頃、Oracle 7.1と戯れていた私です。初めて触れたOracleは7.1.6でした。

runInstallerではなくorainstで、メディアもテープでした。インストールに丸一日。失敗したらもう一日。
自分と同世代でsqldba lmode=yをご存じの方はは少ないはず(と勝手に思っている)

さて時は流れ、ホストOSの前提パッケージやパッチを気にせずマウスクリックだけでOracleが利用できる時代になりました。

それがRDS for Oracleです。

Oracle起動時に、バージョンを指定しますがv**というバージョンが表示されていると思います。
最初これはPSRかと思ったのですが、ドキュメントを読むとそうでは無いみたいです。

Oracle Patch Update + 個別パッチのセット体みたいですね。
念のため個別パッチ一覧は確認したほうが良いと思います。
個別パッチ適用済みのモデルが準備されているのはありがたいですね。

こちらの記事はなかの人(がみさん)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

岸上 健太郎

岸上 健太郎

頑張るぞ!

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。