share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2017.09.11 MON

VPC に CIDR を追加できるようになりました [cloudpack OSAKA blog]

那須隆

WRITTEN BY 那須隆

ナスです。

久しぶりに技術的な話を書いたような気がします。
 

既存の VPC に、CIDR を追加できるようになりました。
Amazon Virtual Private Cloud (VPC) now allows customers to expand their existing VPCs

ドキュメントはこちらです。(今回はちゃんとドキュメント読んだ

VPCs and Subnets - Amazon Virtual Private Cloud
Get started with Amazon VPC by creating a VPC and subnets.

docs.aws.amazon.com

本当にできるのか確認してみました。

追加してみる

実際に AWS のコンソールから見てみましょう。なにやら「CIDR の編集」ってのがありますね。

「IPv4 CIDR の追加」ボタンがありますね! このボタンを押して CIDR レンジを入れていけるようです。

制限もある

同じ VPC の中には、5 つの CIDR しか作れません。上限緩和申請はできます。

最初の 1 オクテット目が異なる CIDR は同じ VPC 内に作成できません。これはどうにもなりません。

複数の CIDR がある VPC は、こんな風に表示されます。

お、いいアップデートやな、と一瞬だけ思いましたが、よくよく考えると CIDR を追加しないといけない場面ってどんな場面?って思ってしまいました。AWS だけで独立して稼働しているシステムならともかく、データセンター等にVPN等で接続してるような環境だとサブネット設計はちゃんとしてるでしょうから、あんまり CIDR 追加することはないかなーと思ってます。

元記事はこちら

VPC に CIDR を追加できるようになりました [cloudpack OSAKA blog]

那須隆

那須隆

ネットワークエンジニア、SAPコンサルタントを経て、cloudpackにJOIN。Webサイトや基幹システムのインフラ構築および運用を主に行い、シェルやPythonなどでスクリプトを組んで、インフラ運用の効率化を目指している。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。