share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2017.08.28 MON

gom の使い方メモ

川原 洋平

WRITTEN BY 川原 洋平

gom とは

Go のパッケージを gem のように管理するツールという認識です。

mattn/gom
gom - Go Manager - bundle for go

github.com

試した環境

$ sw_vers
ProductName:    Mac OS X
ProductVersion: 10.11.6
BuildVersion:   15G1421

$ go version
go version go1.8.3 darwin/amd64

gom の導入

go get github.com/mattn/gom

以上です。簡単ですな。

gom を使ったパッケージの導入

Gomfile という名前のファイルに以下のように導入したいパッケージ名を記載します。

gom 'github.com/gin-gonic/gin'

あとは gom install を実行するだけ。

$ gom install
downloading github.com/gin-gonic/gin
...

とっても簡単です。

ハマった

ところが、何も考えずに以下のように記載して、gom run したところ…

$ gom run main.go
main.go:3:8: cannot find package "github.com/gin-gonic/gin" in any of:
        /usr/local/Cellar/go/1.8.3/libexec/src/github.com/gin-gonic/gin (from $GOROOT)
        /Users/xxxxxxx/sandboxies/go-gin/vendor/src/github.com/gin-gonic/gin (from $GOPATH)
        /Users/xxxxxxx/sandboxies/go-gin/src/github.com/gin-gonic/gin
        /Users/xxxxxxx/golang/src/github.com/gin-gonic/gin
gom:  exit status 1

あれー、なんでやろー。

vendroing

Golang の vendroing という機能を利用すると、プロジェクトディレクトリ以下に vendor というディレクトリがあれば、import 分で読み込むパッケージの依存解決順序を vendor$GOROOT$GOPATH という風にしてくれるものらしい。

gomとgoのvendoring - PartyIX
先日,ちょっと勘違いをして,gomに変なぷるりを送ってしまったので,反省を込めて. github.com こういうissueが立っていてなんか変だなーと思ったんだけど,やっぱり俺のミスだった.

h3poteto.hatenablog.com

但し、$GOPATH 配下にプロジェクトディレクトリが存在していないといけないという制約があるとのこと。
ということで、プロジェクトディレクトリ(gingingin)を以下のように配置してやり直し。

$GOPATH/src/gingingin

gingingin ディレクトリ以下に Gomfile を設置して、改めて gom install する。

$ pwd
$GOPATH/src/gingingin
$ cat Gomfile
gom 'github.com/gin-gonic/gin'
$ gom install
...
$ tree -L 2
.
├── Gomfile
├── main.go
└── vendor
    ├── github.com
    ├── golang.org
    ├── gopkg.in
    └── pkg

5 directories, 2 files

Gin を起動

gin-gonic/gin
gin - Gin is a HTTP web framework written in Go (Golang). It features a Martini-like API with much better performance -- up to 40 times faster. If you need smashing performance, get yourself some Gin.

github.com

WAF の Gin を試してみたかったので、以下のように Gin の README を参考にしてアプリケーションを作成してみた。

$ cat example.go
package main

import "github.com/gin-gonic/gin"

func main() {
    r := gin.Default()
    r.GET("/ping", func(c *gin.Context) {
        c.JSON(200, gin.H{
            "message": "pong",
        })
    })
    r.Run() // listen and serve on 0.0.0.0:8080
}

以下のように gom run してみる。

$ gom run example.go
[GIN-debug] [WARNING] Running in "debug" mode. Switch to "release" mode in production.
 - using env:   export GIN_MODE=release
 - using code:  gin.SetMode(gin.ReleaseMode)

[GIN-debug] GET    /ping                     --> main.main.func1 (3 handlers)
[GIN-debug] Environment variable PORT is undefined. Using port :8080 by default
[GIN-debug] Listening and serving HTTP on :8080

おお、起動した。

以上

メモでした。
以下、gom のヘルプ。色々と機能があるので、ボチボチ使っていきたいと思います。

$ gom -h
Usage of gom:
 Tasks:
   gom build   [options]   : Build with _vendor packages
   gom install [options]   : Install bundled packages into _vendor directory, by default.
                              GOM_VENDOR_NAME=. gom install [options], for regular src folder.
   gom test    [options]   : Run tests with bundles
   gom run     [options]   : Run go file with bundles
   gom doc     [options]   : Run godoc for bundles
   gom exec    [arguments] : Execute command with bundle environment
   gom tool    [options]   : Run go tool with bundles
   gom env     [arguments] : Run go env
   gom fmt     [arguments] : Run go fmt
   gom list    [arguments] : Run go list
   gom vet     [arguments] : Run go vet
   gom update              : Update all dependencies (Experiment)
   gom gen travis-yml      : Generate .travis.yml which uses "gom test"
   gom gen gomfile         : Scan packages from current directory as root
                              recursively, and generate Gomfile
   gom lock                : Generate Gomfile.lock

元記事はこちら

gom の使い方メモ」