share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2014.02.26 WED

Dockerってなんじゃ?(S3プライベートレジストリ)

三浦 悟

WRITTEN BY三浦 悟

memorycraftです。

前回に引き続き、プライベートレジストリです。

前回の方法では、レジストリのコンテナを載せたサーバー自体が落ちてしまったときに登録されたコンテナイメージが全てなくなってしまいます。
dockerのregistryコンテナには、設定ファイルが存在し、永続化のオプションとしてバックエンドにS3を使うことができます。

それでは早速試してみます。

レジストリ側の設定

レジストリのコンテナをbashで起動します。

$ docker run -t -i registry /bin/bash

レジストリに入ったら設定ファイルがある/docker-registry/config/フォルダに移動します。
S3用のサンプルがあるのでそれをconfig.ymlとして使います。

dockerのレジストリでは設定ファイルに_env:VARIABLENAMEとなっている部分があり、環境変数をセットしている部分です。起動時に-eオプションでその環境変数をコンテナに渡すことが出来ます。

このS3用のファイルは、AWSキーやバケット名などに環境変数をセットできるようになっているので起動時にパラメータ渡しが可能です。今回はそのまま変更なしで使います。

# cd /docker-registry/config
# mv config.yml config.yml.org
# cp config_s3.yml config.yml
# cat config.yml
~(略)~
prod:
    storage: s3
    boto_bucket: _env:AWS_BUCKET
    s3_access_key: _env:AWS_KEY
    s3_secret_key: _env:AWS_SECRET
    s3_bucket: _env:AWS_BUCKET
    s3_encrypt: true
    s3_secure: true
    secret_key: REPLACEME
    s3_encrypt: true
    s3_secure: true
    storage_path: /images

接続を終了し、コミットします。

# exit;
# docker ps -a
CONTAINER ID        IMAGE                         COMMAND                CREATED             STATUS              PORTS                    NAMES
1e1e890b9647        registry:0.6.5                /bin/bash              6 minutes ago       Exit 0                                       grave_wozniak

# docker commit 1e1e890b9647 memorycraft/registry

コミットしたS3用のレジストリイメージを起動します。その際前述のように、-eオプションでAWSキーやバケット名などを環境変数として渡します。
また、SETTINGS_FLAVOR環境変数は、config.ymlのprodと対応しています。これによって設定ファイルの各モードを起動時に選択することができます。

# docker run -p 5000:5000 -e SETTINGS_FLAVOR=prod -e AWS_KEY=XXXXXXX -e AWS_SECRET=YYYYYYYYY -e AWS_BUCKET=memorycraft-docker-registry -d memorycraft/registry
#
#
# docker ps -a
CONTAINER ID        IMAGE                         COMMAND                CREATED             STATUS              PORTS                    NAMES
1e1e890b9647        registry:0.6.5                /bin/bash              6 minutes ago       Exit 0                                       grave_wozniak
413aa68a3ad1        memorycraft/registry:latest   /docker-registry/run   9 hours ago         Up 9 hours          0.0.0.0:5000->5000/tcp   prickly_davinci

これで、S3対応のレジストリができました。

S3レジストリへの登録

それではクライアント側からこのレジストリにpushしてみます。流れは前回の記事と同じです。

# docker ps -a
CONTAINER ID        IMAGE                       COMMAND                CREATED             STATUS              PORTS                                          NAMES
ee60c633c8f9        memorycraft/centos:latest   /usr/bin/supervisord   3 days ago          Up 3 days           0.0.0.0:49189->22/tcp, 0.0.0.0:49190->80/tcp   happy_brattain
c118bcc97b1e        539c0211cd76                /bin/bash              5 days ago          Exit 0

# docker commit ee60c633c8f9 176.34.16.242:5000/memorycraft/centos
b939188f4672b83d03e90ad12c4ad9e2ccdfa66d2f50fd44ae18ef314eee5c5b

# docker images
REPOSITORY                              TAG                 IMAGE ID            CREATED             VIRTUAL SIZE
176.34.16.242:5000/memorycraft/centos   latest              b939188f4672        14 seconds ago      443.8 MB
memorycraft/centos                      latest              d0c94b943ba2        4 days ago          437.9 MB

# docker push 176.34.16.242:5000/memorycraft/centos
The push refers to a repository [176.34.16.242:5000/memorycraft/centos] (len: 1)
Sending image list
Pushing repository 176.34.16.242:5000/memorycraft/centos (1 tags)
539c0211cd76: Image successfully pushed
380423464fbc: Image successfully pushed
dc52da789c75: Image successfully pushed
b2ab60219415: Image successfully pushed
52b555115035: Image successfully pushed
a149f9038d0e: Image successfully pushed
3897f6889349: Image successfully pushed
bd1a450e0e46: Image successfully pushed
da6f1a424b7c: Image successfully pushed
4a8d2a1dab88: Image successfully pushed
af06476dc08c: Image successfully pushed
65ec465a844b: Image successfully pushed
318326461017: Image successfully pushed
fc6935aadec7: Image successfully pushed
9022a04f5b3f: Image successfully pushed
4787e46941f7: Image successfully pushed
30f9368972bb: Image successfully pushed
dc6de6feb9a9: Image successfully pushed
d0c94b943ba2: Image successfully pushed
b939188f4672: Image successfully pushed
Pushing tags for rev [b939188f4672] on {http://176.34.16.242:5000/v1/repositories/memorycraft/centos/tags/latest}

無事にpushできたようです。
それではS3バケットを覗いてみると、リポジトリのメタデータやイメージなどがアップされているのがわかります。

レジストリを消してみる

ここで、一度、レジストリ側のサーバーが壊れてしまった。もしくはインスタンスが消えてしまった場合を想定して、0から別のサーバーにレジストリを立てて見たいと思います。

# docker run -t -i registry /bin/bash
# cd /docker-registry/config
# mv config.yml config.yml.org
# cp config_s3.yml config.yml
# cat config.yml
# exit


# docker ps -a
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND             CREATED              STATUS              PORTS               NAMES
927bb1ccf9dc        registry:0.6.5      /bin/bash           About a minute ago   Exit 0                                  trusting_mccarthy
# docker commit 927bb1ccf9dc memorycraft/registry
# docker run -p 5000:5000 -e SETTINGS_FLAVOR=prod -e AWS_KEY=AKIAIEMCXSAHQLR5M2XQ -e AWS_SECRET=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 -e AWS_BUCKET=memorycraft-docker-registry -d memorycraft/registry /docker-registry/run.sh

S3からpull

念のためクライアント側もイメージもコンテナも消した状態で、S3レジストリを指定してrunしてみます。

# docker run -t -i 176.34.16.242:5000/memorycraft/centos /bin/bash
Unable to find image '176.34.16.242:5000/memorycraft/centos' (tag: latest) locally
Pulling repository 176.34.16.242:5000/memorycraft/centos
b939188f4672: Download complete
da6f1a424b7c: Download complete
dc6de6feb9a9: Download complete
af06476dc08c: Download complete
b2ab60219415: Download complete
65ec465a844b: Download complete
4a8d2a1dab88: Download complete
3897f6889349: Download complete
a149f9038d0e: Download complete
539c0211cd76: Download complete
30f9368972bb: Download complete
52b555115035: Download complete
bd1a450e0e46: Download complete
318326461017: Download complete
4787e46941f7: Download complete
380423464fbc: Download complete
dc52da789c75: Download complete
d0c94b943ba2: Download complete
9022a04f5b3f: Download complete
fc6935aadec7: Download complete
bash-4.1#

ちゃんと取得できて、コンテナを立ち上げることが出来ました。
これで、S3の高い堅牢性可用性をバックエンドにしたレジストリができました。

以上です。

こちらの記事はなかの人(memorycraft)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

三浦 悟

三浦 悟

高円寺在住のなんじゃ系男子 またの名をmemorycraftといいます。 炭水化物大好き 日々の「なんじゃ?」を記事にしてます。