share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2014.03.07 FRI

Dynamic DynamoDBってなに?

吉田 真吾

WRITTEN BY 吉田 真吾

cloudpackエバンジェリストの吉田真吾@yoshidashingo)です。

Dynamic DynamoDBってなに?

AWSのエバンジェリスト Jeff Barr のブログエントリーを堀内さんが翻訳して掲載してますので詳しくは以下を参照ください。
http://aws.typepad.com/aws_japan/2014/03/auto-scale-dynamodb-with-dynamic-dynamodb.html

わかったこと

  • こんな構成

  • サンプルではテーブルごとにRead Capacity Unitsのしきい値、Write Capacity Unitsのしきい値、メンテナンスウィンドウを設定するようになってるが、それ以外にも以下で豊富なオプションが確認できる。

http://dynamic-dynamodb.readthedocs.org/en/latest/configuration_options.html

  • メンテナンスウィンドウを設定すると強制的にその時間にしか変更操作を実行しないようにできる。想定のユースケースが思いつかないけど、1日のうちアクセス数の変化が何度もあるような環境で、あまり設定変更をバタつかせて1日の変更回数上限にひっかからないようにするといった目的で使えるかもしれない。
  • サンプルのCFnテンプレから上記の構成が作れる。
  • サンプルだと制御ノードであるDynamic DynamoDB用EC2インスタンスがオートヒーリング構成になっており、ターミネートしたら勝手に新しいインスタンスが起動されてS3から設定値を読み込んでいた。

こちらの記事はなかの人(yoshidashingo)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

吉田 真吾

吉田 真吾

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。