share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2014.04.05 SAT

エバンジェリストになって1年が経ちました

吉田 真吾

WRITTEN BY吉田 真吾

cloudpackエバンジェリストの吉田真吾@yoshidashingo)です。

2014/4/1をもってエバンジェリスト2年目に突入です。
2013/1/10から稼働してましたがフルコミットで入ったのは4月からなので、ちょうど1年ということにさせてもらおうかなと。

証券システム基盤を色々と(Oracleのチューニングやアプリケーション開発、大規模な基盤刷新、移行など)やってたときからは全くやることが変わってるんですが、非常に楽しく働かせてもらってます。

cloudpackにおけるエバンジェリストのミッション

エバンジェリストの仕事は各社多岐に渡るので、一概に定義できないと思いますが、cloudpackのエバンジェリストの定義は一言で表すと、「この会社と長くつき合うことができるかな?という想いに答えること」です。

結構広めに色々と

上記のミッションを遂行するために、マーケティング戦略、営業戦略、商品戦略、インフラ設計と多岐に渡ってやってきた感じですが、1年目は特に営業、提案、設計ばっかりやってましたね。

cloudpack2年目はどうしようか

1年目はKPIの設定的に営業関連に比重が高かったので、2年目は、以下のあたりを特に重点的にやりたいかなと思います。

  • 獲得戦略
  • フロントメンバー以外の露出をもって長くつきあえる会社と思ってもらう
  • 新サービスの積極的なリリース

こちらの記事はなかの人(yoshidashingo)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

吉田 真吾

吉田 真吾