share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2014.04.10 THU

新しくVPCを作ってインターネットと通信させる方法

吉田 真吾

WRITTEN BY 吉田 真吾

cloudpackエバンジェリストの吉田真吾@yoshidashingo)です。

よく忘れるのでメモ。

デフォルトVPCにははじめからインターネットゲートウェイ(IGW)がアタッチされていますが、新しくVPCを作ってインターネットと通信できるサブネッと(パブリックサブネット)を作る方法。

手順は以下に記載されているとおり。
インターネットゲートウェイを VPC に追加する – Amazon Virtual Private Cloud

  1. VPCを作成する
  2. サブネットを作成する
  3. インターネットゲートウェイを作成する
  4. インターネットゲートウェイをVPCにアタッチする
  5. サブネットに割当てられているルートテーブルで、ローカル以外(0.0.0.0/0)のターゲットをインターネットゲートウェイに設定する
  6. ルートテーブルにサブネットをAssociationする(※忘れがち)
  7. サブネット内に既にインスタンスが起動していれば、再起動する(※やってみたら再起動しないと通信ができるようにならなかったので)

こちらの記事はなかの人(yoshidashingo)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

吉田 真吾

吉田 真吾

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。