share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2017.05.29 MON

ECSのAMIで使われる/dev/xvdczについて【cloudpack大阪ブログ】

cloudpack大阪の佐々木です。
ECSでコンテナ用のボリュームを作ったらどこに保存されるか?という話です。

ECSで使うamazon-ecs-optimizedのAMIはデフォルトでは下記のディスク構成になっています。(2015.09.d 以降)

  • /dev/xvda 8G
  • /dev/xvdcz 22G

http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonECS/latest/developerguide/launch_container_instance.html

Amazon ECS に最適化された、2015.09.d 以降の AMI を使用している場合、インスタンスには 2 つのボリュームが設定されます。[Root] ボリュームはオペレーティングシステム用で、2 番目の Amazon EBS ボリューム (/dev/xvdcz にアタッチ) は Docker 用です。

永続化データを取り扱う場合、ボリュームを追加すると思います。/dev/xvdcz はDocker用ボリュームってことなので、当然そちらに作られるのかと思ったのですが、違うようです。

https://github.com/aws/amazon-ecs-agent/issues/312

/dev/xvdcz is dedicated to layer storage; since volumes are not layers, they’re not stored there.

実際にやってみます。
タスク定義はこんな感じです。

"volumes": [
  {
    "name": "volume-0",
    "host": {
        "sourcePath": "/ecs/mysql"
    }
  }
]

dfではRootボリュームの/dev/xvda1だけが見えています。

$ df -h
ファイルシス   サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
/dev/xvda1       7.8G  1.7G  6.1G   22% /
devtmpfs         1.9G   96K  1.9G    1% /dev
tmpfs            1.9G     0  1.9G    0% /dev/shm

コンテナにログインし、マウントしているボリュームに2Gのファイルを作成します。

$ docker exec -it 706e24a04caa /bin/bash
root@706e24a04caa:/# dd if=/dev/zero of=/var/lib/mysql/test.out bs=1024 count=2000000
root@706e24a04caa:/# ls -lh /var/lib/mysql/test.out
-rw-r--r-- 1 root root 2.0G Apr 25 04:47 /var/lib/mysql/test.out

ログアウトして、dfを実行してみます。

[ec2-user@ip-172-31-49-18 ~]$ df -h
ファイルシス   サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
/dev/xvda1       7.8G  3.6G  4.2G   47% /
devtmpfs         1.9G   96K  1.9G    1% /dev
tmpfs            1.9G     0  1.9G    0% /dev/shm

/dev/xvda1が増えています。

ではDocker用のボリューム /dev/xvdcz はどんな感じで使われているのでしょうか?
ここに詳しく書いてました。

http://enakai00.hatenablog.com/entry/20140420/1397981156

ホストOSからはこんな感じで見えています。

# lsblk
NAME                                                                                         MAJ:MIN   RM  SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
xvda                                                                                         202:0      0    8G  0 disk
└─xvda1                                                                                      202:1      0    8G  0 part /
xvdcz                                                                                        202:26368  0   50G  0 disk
└─xvdcz1                                                                                     202:26369  0   50G  0 part
  ├─docker-docker--pool_tmeta                                                                253:0      0   52M  0 lvm
  │ └─docker-docker--pool                                                                    253:2      0 49.5G  0 lvm
  │   ├─docker-202:1-263192-5c6d48e2f8751428fe02afdadbd0cea776f6019d7ea6b84b3313a66d0c1f8ed7 253:3      0   10G  0 dm
  │   ├─docker-202:1-263192-eca78b256bf5721af414556f0ab42f4436e5ddd2dfb060da1f0ccf843cdbe11a 253:4      0   10G  0 dm
  │   ├─docker-202:1-263192-035491c621338eac035f0a3ee3894dc7c02c0f2989a33bce5e4628226edb1f10 253:5      0   10G  0 dm
  │   ├─docker-202:1-263192-d27d60081d632b3cc0e5b7c7213f40b4eec77d445d0c445abdf69efc83535d54 253:6      0   10G  0 dm
  │   └─docker-202:1-263192-60b1cb416a8ced69c0f6f5c71b842298427dfa406dd7ed6f5f44a56dc3d5f78f 253:7      0   10G  0 dm
  └─docker-docker--pool_tdata                                                                253:1      0 49.5G  0 lvm
    └─docker-docker--pool                                                                    253:2      0 49.5G  0 lvm
      ├─docker-202:1-263192-5c6d48e2f8751428fe02afdadbd0cea776f6019d7ea6b84b3313a66d0c1f8ed7 253:3      0   10G  0 dm
      ├─docker-202:1-263192-eca78b256bf5721af414556f0ab42f4436e5ddd2dfb060da1f0ccf843cdbe11a 253:4      0   10G  0 dm
      ├─docker-202:1-263192-035491c621338eac035f0a3ee3894dc7c02c0f2989a33bce5e4628226edb1f10 253:5      0   10G  0 dm
      ├─docker-202:1-263192-d27d60081d632b3cc0e5b7c7213f40b4eec77d445d0c445abdf69efc83535d54 253:6      0   10G  0 dm
      └─docker-202:1-263192-60b1cb416a8ced69c0f6f5c71b842298427dfa406dd7ed6f5f44a56dc3d5f78f 253:7      0   10G  0 dm

まとめ

ECSで永続化データ用のボリュームを使う場合は、Rootボリュームをあらかじめ大きくしておくか、別ボリュームをアタッチしてマウントしとく必要があるようです。

元記事はこちら

ECSのAMIで使われる/dev/xvdczについて【cloudpack大阪ブログ】

佐々木真也

佐々木真也

2016年cloudpack join。 前職では構築・設計・PMを担当。 その経験を生かし、案件対応だけでなく検証環境の構築も行います。