share facebook facebook facebook twitter twitter menu hatena pocket slack

2017.04.19 WED

Datadog (dogコマンド) host編

大住 孝之

WRITTEN BY 大住 孝之

Datadog公式のツール dog 使用方法まとめ host 編です。

目次

host Modes

host とありますが、操作できるのは mute|unmute のみです。

サブコマンド 説明
mute ホストのmute(通知無効化)
unmute ホストのunmute(通知無効化解除)

mute

usage: dog host mute [-h] [--end END] [--message MESSAGE] [--override]
                     host_name

optional arguments:

ロングオプション 説明
–end 終了日時を指定。POSIX timestamp。指定無しの場合は forever(無限)
–message 関連付けるメッセージ本文
–override 既に mute 状態の場合でも終了期間を上書きする

実行例

$ host_name="i-XXXXXXXX"
$ dog host mute ${host_name}
{"action": "Muted", "downtime_id": XXXXXXX33, "hostname": "i-XXXXXXXX"}

[Infrastracture List]、または、[Manage Downtime] で確認できます。

デフォルトで設定されるスケジュールは登録日時から Forever です。

既に mute 済みの場合は override オプションを使用するようメッセージが出力されます。

$ dog host mute ${host_name}
ERROR: host:i-XXXXXXXX is already muted. To mute this host with a different end timestamp,                             add ?override=true to your request.

message オプション

downtime にメッセージを関連付けます。各種通知を行うことも可能です。

$ dog host mute --end $(date -d '1 hour' +'%s') --message "1時間無効化します @slack-xxxxxx" ${host_name}
{"action": "Muted", "downtime_id": XXXXXXX73, "hostname": "i-XXXXXXXX", "end": NNNNNNNNN9, "message": "1\u6642\u9593\u7121\u52b9\u5316\u3057\u307e\u3059 @slack-xxxxxx"}

指定したスケジュール(登録日時から1時間)、通知設定が入ります。

  • Slackへの通知例

既に mute 済みの場合は、end、message 共に更新不可です。オプション無し時と同様に override オプションを使用するようメッセージが出力されます。

$ dog host mute --end $(date -d '2 hour' +'%s') --message "2時間無効化に伸ばします" ${host_name}
ERROR: host:i-XXXXXXXX is already muted. To mute this host with a different end timestamp,                             add ?override=true to your request.

override オプション

unmuteの状態に加え、既にmute済みでも更新できるようになります。

$ dog host mute --end $(date -d '2 hour' +'%s') --message "2時間無効化に伸ばします" --override ${host_name}
{"action": "Muted", "downtime_id": XXXXXXX75, "hostname": "i-XXXXXXXX", "end": NNNNNNNNN0, "message": "2\u6642\u9593\u7121\u52b9\u5316\u306b\u4f38\u3070\u3057\u307e\u3059"}

unmute

オプションはありません。

usage: dog host unmute [-h] host_name

実行例

$ host_name="i-XXXXXXXX"
$ dog host unmute ${host_name}
{"action": "Unmuted", "downtime_id": XXXXXXX33, "hostname": "i-XXXXXXXX"}

unmute 済みの場合はメッセージ出力のみです。

$ dog host unmute ${host_name}
ERROR: host:i-XXXXXXXX is not muted.

monitor {mute|unmute} コマンドはモニターを軸にタグ(スコープ)による指定を行うのに対し、 指定 host 単体の全モニターが対象になります。 対象ホストをメンテナンス(mute)状態にしたい場合に利用できると思います。

元記事はこちら

Datadog (dogコマンド) host編

大住 孝之

大住 孝之

構築運用担当。 個性的な面々の中で無個性という個性を打ち出していこうと画策中。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。