share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2017.03.07 TUE

Datadog Monitor から Webhook で Lambda 起動

WRITTEN BY 大住 孝之

前回 Datadog から SNS 経由で Lambda Function を起動を行いました。

別の方法を探してみた所、Webhook Integration が使えそうだったので試してみました。

1) API Gateway と Lambda Function を作成

API Gateway を trigger として Lambda Function を作成します。APIへは AccessKey認証 とします。

今回使用した Lambda Function は、受け取った内容をそのまま Slack へポストするだけの物です。

2) CloudFront Distribution 作成

API Gateway の Endpoint をそのまま叩けば良いかと考えたのですが、Datadog の Webhook が SSLv3 を使用しているようで以下のようなエラーが発生します。

Datadog 側での設定変更は無いようだったので、CloudFront を挟む事で回避させます。

Origin Domain Name へ API Gateway の Invoke URL を入力します。 (Origin Path、Origin ID は自動的に入力されます。)

また、AccessKey認証のため WhiteList Headers に x-api-key を設定します。

3) Datadog Webhook Integration 設定

Integration → Webhooks → Configuration に CloudFrontのエンドポイントと API Gateway の API Key を設定します。

正常に登録できていれば、Monitor の Nortify 設定で Webhook: 〜 が選択できるようになります。

実行例

Datadogのアラート発行をトリガーに、Lambda Function が起動した事を確認できます。

  • Lambda Function Log

  • Slack

CloudFront を介す必要がありますが、 メッセージのカスタマイズもある程度可能なため、 SNSでの通知より柔軟に処理設定できるのではないでしょうか。

元記事はこちら

Datadog Monitor から Webhook で Lambda 起動