share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2017.02.20 MON

AWS EBS SSD (gp2 general purpose) バーストクレジット計算式

WRITTEN BY 今岡 久敏

「EBS (gp2) のクレジットの回復レートってどんなの?」の質問に即答できなかったので、書いておきます。 結論、数式としては

クレジット 0 -> Fullまでの時間 = 5,400,000(IO) ÷ ベースラインIOPS

となります。

概要と用語

簡潔に

  • EBSは 3000 IOPSまでのバーストクレジットがある
  • GBあたり 3 IOPSのベースラインIOPS ただし、 33.333GB ?(つまり 100IOPS以下)の場合でも最低100IOPS
  • バーストの継続時間は、 3000IOPS と、ベースラインのIOPSの差に反比例する 言い換えると ベースラインが 3000IOPSに近ければ長く、遠ければそれだけ短い
  • 1TB超の場合はベースラインが 3000IOPSとなるので、そもそもバーストしない

上記は理解できていると思います。 用語も改めて

  • ベースラインIOPS = バーストなしで利用可能なIOPS上限
  • バーストクレジット = ベースラインを越えるIOPSを利用した時に消費され、ベースライン以下のIOPSしか消費していなければ貯まる

公式ドキュメント

http://docs.aws.amazon.com/AWSEC2/latest/UserGuide/EBSVolumeTypes.html

解説もなにもありません、この絵の通りです。 EBSはOS起動時にIOPSが派手に発生することを見込んで、CPUクレジットとは異なり、いきなり 5,400,000 クレジットから始まります。このクレジットを消費することによって、バーストします。

Volume size (GiB) Baseline performance (IOPS) Maximum burst duration @ 3,000 IOPS (seconds) Seconds to fill empty credit balance
1 100 1862 54,000
100 300 2,000 18,000
214 (Min. size for max. throughput) 642 2,290 8,412
250 750 2,400 7,200
500 1,500 3,600 3,600
750 2,250 7,200 2,400
1,000 3,000 N/A* N/A*
3,334 (Min. size for max. IOPS) 10,000 N/A* N/A*
16,384 (16 TiB, max. volume size) 10,000 N/A* N/A*

上記抜粋表のの 1GB を見て下さい 単純な算数ですが 54,000 * 1000 = 5,400,000 となります。 100GBの場合、1GBの3倍のベースラインですので、54,000 / 3 = 18,000 となっています。

数学的な説明

5,400,000 という数字ですが、単位として示すなら 5,400,000 IO (英語的にはIOsが正しいですが、紛らわしいので IOとします) と読み替えられます。算数の 速さ・時間・距離(地方によっては、は・じ・き と言うらしい)の関係のように、単位変換を式で表すと

まずIOPSは文字通り1秒あたりのIO数ですので IOPS = IO / 1sec とします。そのあと、
Sec = 5,400,000 IO ÷ BaseLine IO / 1 sec 変換して
Sec = 5,400,000 IO × 1 sec / BaseLine IO

5,400,000 の IO と 掛け算の分母である BaseLine の IOが相殺されて
Sec = 5,400,000 / BaseLine
となります。

元記事はこちら

AWS EBS SSD (gp2 general purpose) バーストクレジット計算式

今岡 久敏

「常に新しいモノの方が、古いモノより優れている、というマインドを持てなくなった時、それはエンジニアとしての死を意味する」え、誰の言葉だって?俺の言葉だよ。