share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2017.02.01 WED

du よりいい感じの結果を PowerShell で [cloudpack OSAKA blog]

那須隆

WRITTEN BY 那須隆

ナスです。

昨年の夏に、Windows の du についての記事を書きました。(なぜか今まで書いた記事の中で一番アクセスが多いです。意外。)

Windowsでフォルダごとの使用容量が知りたい [cloudpack OSAKA blog] - sorta kinda...
はいナスです。 duコマンドって知ってますよね? Linuxやmacでディレクトリごとのディスク使用容量を見るあのコマンドです。 って私もついこないだ知ったんですけどね。 ディスクフルになった時の対応で大活躍のコマンドです。 そんなコマンドをWindows使ってる時に...

nasrinjp1.hatenablog.com

PowerShell でちょっとしたスクリプトを書いてるパターンと、sysinternals のツールを使うパターンの 2 種類だと思ってましたが、日経 NETWORK 2017.01 号の p15 にワンライナーで du 相当のコマンドが紹介されていたので、実際にやってみました。しかも指定したサイズ以上のファイルをファイルサイズ順に並べ替えて表示できるのでいいですね。

AWS に、Windows Server 2016 を起動して、特に何も設定せずに試しています。

PS C:\Users\Administrator > $PSVersionTable.PSVersion

Major  Minor  Build  Revision
-----  -----  -----  --------
5      1      14393  576

C:\User 配下にテスト用のでかいファイルを作って、dir をかけた結果です。

Where-Object で 500 バイト以上のファイルだけを表示させてみました。

PS C:\Users\Administrator > Get-ChildItem -Path C:\Users -Recurse | Where-Object Length -ge 500 | Select-Object FullName,  Length | Sort-Object Length -Descending

FullName                                                                Length
--------                                                                ------
C:\Users\Administrator\testfile                                    10737418240
C:\Users\Administrator\Links\Downloads.lnk                                 978
C:\Users\Administrator\Desktop\EC2 Microsoft Windows Guide.website         554
C:\Users\Administrator\Desktop\EC2 Feedback.website                        527
C:\Users\Administrator\Links\Desktop.lnk         

これだけできれば、この記事の最初に紹介した du ツールはいらないですね。時々、フリーのツールをインストールすることが禁止されている環境がありますが、PowerShell ならさすがにつかってもいいと思いますので、いろいろ試してみてください。

元記事はこちら

du よりいい感じの結果を PowerShell で [cloudpack OSAKA blog]

那須隆

那須隆

ネットワークエンジニア、SAPコンサルタントを経て、cloudpackにJOIN。Webサイトや基幹システムのインフラ構築および運用を主に行い、シェルやPythonなどでスクリプトを組んで、インフラ運用の効率化を目指している。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。