share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2016.12.27 TUE

Lambdaで自身の実行されているリージョンを取得する

磯辺 和彦

WRITTEN BY 磯辺 和彦

nodejsのAWS Lambdaで、Functionが実行されているリージョンが知りたいと思ったので調べてみた。

どうやら、直接的にリージョンを取得する方法はなさそうだったが、contextにinvokedFunctionArnがあったので、そこから取得できた。ARNが取れればなんとかなるパターン。

var region = context.invokedFunctionArn.match(/arn:aws:lambda:([^:]*):/)[1];

【追記】あとで教えてもらったところによると、環境変数として取得できるようだ。

process.env.AWS_REGION

しかし、AWSのドキュメントを探しても記載がなかったので、自分は見つけられなかったな。

元記事はこちら

Lambdaで自身の実行されているリージョンを取得する

磯辺 和彦

磯辺 和彦

cloudpackに参加して以来、設計・構築・運用・開発・セキュリティなど様々な経験を経て、現在は主に社内インフラ関連を担当中。WEB+DB Press Vol.85に記事書きました。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。