share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2016.12.06 TUE

週刊クラウドニュースPickup
2016.11.28〜12.4

WRITTEN BY 後藤 和貴

こんにちは、後藤です。先週はラスベガスへ1週間の出張に行ってました。そうです、AWSの年一回のイベント AWS re:Invent 2016 へ参加するために行ってきました。

aws-reinvent-1

キーノートでは多くのサービスの新発表・更新などが発表されて多くのニュースがすでに流れています。その中でも気になるサービスについてざっとまとめます。まずはDay1から。

Amazon Lightsail – AWSの力、VPSの簡単さ | Amazon Web Services ブログ

amazon-lightsail

AWSがVPS!? 新サービスLightsail発表。すでに存在するVPSサービスなどのように、ソフトウェア組み込み済みのEC2を簡単なステップで起動することが出来るサービス。Security Groupはもちろんのこと、IPアドレスやDNSなども簡単に設定可能。ちなみにLightsailを起動すると、安全面や既存環境とのコンフリクトへの配慮か、shadow VPCと呼ばれるコンソールから見えないVPCを作成する。必要ならVPC Peeringをオンにすれば接続できるといことらしい。しかし1GBメモリ、30GBストレージ、2TBデータ転送量込みで$10/月は安く感じるね。

Amazon Athena – Amazon S3上のデータに対話的にSQLクエリを | Amazon Web Services ブログ

amazon-athena

AWS re:Inventキーノートで新サービスAthena発表。S3上にあるデータ(ファイル)をアドホックに検索できる。しかもSQLで。すでにOSSとかであった気もするけど、すでに膨大なデータやログをS3に載せている人とっては軽い検索が身近になるのはいいね。現時点でVirginiaとOregonで利用可能。

Amazon Lex – Build Conversational Voice & Text Interfaces | AWS Blog

amazon-lex

AWS re:Inventキーノートで新サービスLex発表。AWS版Bot Framework。テキストだけではなく音声もインタフェースとして使用可能。現時点ではVirginiaのみで利用可能。

Amazon Rekognition – Image Detection and Recognition Powered by Deep Learning | AWS Blog

amazon-rekognition

AWS re:Inventキーノートで新サービスRekognition発表。画像認識サービスで、GoogleのVision API、AzureのFace APIなどに近いイメージか。写真内の物体が何か、顔の表情についての分析結果をAPIで得る事が可能。現時点ではVirginia、Oregon、Irelandリージョンのみで利用可能。しかしJeffは奥さんと仲良いなぁw

Polly – Text to Speech in 47 Voices and 24 Languages | AWS Blog

amazon-polly

AWS re:Inventキーノートで新サービスPolly発表。テキストを入力して音声合成してくれるAPI。日本語含む24言語対応。現時点ではVirginia、Oregon、Ohio、Irelandリージョンのみで利用可能。

Amazon Aurora Update – PostgreSQL Compatibility | AWS Blog

なななんと、AuroraがPostgreSQLに対応。Auroraといえば独自のストレージエンジンを積んで、完全マネージドなMySQLと互換のあるデータベースサービスだったがついにPostgreSQLにも対応すると。現在Preview登録可能。発表の際に名指しでOracleからの移行が可能になるみたいな攻撃をしてましたねw

AWS Greengrass -ユビキタス, 現実世界におけるコンピューティング- | Amazon Web Services ブログ

aws-greengrass

デバイスサイドで動作するLambdaと言えそうなGreengrass登場。これまではオンラインが前提だったLambdaの実行をIoTと共にオフライン時には処理を保管してオンラインになった際に反映する機構を持つことに。

デバイスに組み込むGreengrass Coreは128MBメモリと1GHzのCPUがあれば動作するとのこと。

うまく使えばIoT機器からのデータ収集のゲートウェイとしての役割にも使えて良いかもしれない。

AWS Snowmobile – Move Exabytes of Data to the Cloud in Weeks | AWS Blog

aws-snowmobile

re:Inventの1日目のキーノート最後でトレーラーが会場に登場しました。いや、ほんと、嘘みたいな話に聞こえたのですが本当の話。exabyte級サイズのデータをAWSへ移行するためのソリューションとしてSnowmobileを提供すると発表がががw 実物はこちら→ https://goo.gl/edZVhd

感想

今回のラインナップだと注目されるのはAIシリーズとAthenaでしょうか。Snowmobileはネタっぽく会場大喝采(爆笑?)でしたが。地味に効いてくるだろうと考えられるのはEC2の新しいインスタンスたち。そしてちょっと驚いたのはAurora PostgreSQL対応。ただこれは来年のいつかって感じでまだ使える状態ではないのが残念。

クラウドサービスベンダーとしてトップを走ってきているAWSだけど、一部のトレンドで他社に遅れを取っていた箇所を、AIシリーズ、Athenaなどですべて埋めてきたように思える。

ところでText To SpeechのPolly。思った以上に簡単すぎる驚いた。AWS CLIの設定が出来ていればこんなコマンドで音声が作成されてしまう。

~ ❯❯❯ aws --profile polly polly synthesize-speech --text "こんにちは、魑魅魍魎の世界!" --voice-id Mizuki --output-format mp3 helloworld.mp3
{
    "ContentType": "audio/mpeg", 
    "RequestCharacters": "14"
}
~ ❯❯❯ afplay helloworld.mp3

生成された音声はこのようになります。意外と流暢なことに驚きます。

Day1キーノート動画

後藤 和貴

執行役員 / エバンジェリスト。外向けにはイベントや勉強会などで講演する役割。社内ではマーケティング全般と新商品企画やPR戦略などを担当しています。