share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2016.11.14 MON

flask で fitbit で収集した心拍数を Mackerel に送るサンプル

川原 洋平

WRITTEN BY川原 洋平

tl;dr

昨日貼った flask で fitbit で収集した心拍数を Mackerel に送るサンプルを少し改善してみた。

inokappa/fitbit-demo
Contribute to fitbit-demo development by creating an account on GitHub.

github.com

memo

処理の流れ

20161101083448

ざっくりとした使い方

  • https://dev.fitbit.com にてアプリケーションを登録する
  • OAuth 2.0 Application Type は Personal を指定
  • Callback URL には http://127.0.0.1:${任意のポート番号}/auth/fitbit_oauth2/callback を指定
  • OAuth 2.0 Client ID と Client Secret を控えておく
  • Mackerel に飛ばしたい場合には API キーの取得とサービスを作成しておく
  • 各情報を config.ini に記載する(以下、例)
[general]
FLASK_PORT: 12345

[fitbit]
CALL_BACK_URL: http://127.0.0.1:12345/auth/fitbit_oauth2/callback
CLIENT_ID: xxxxxx
CLIENT_SECRET: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

[mackerel]
API_KEY: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
SERVICE_NAME: fitbit
  • あとは以下のようにアプリケーションを起動し、最初の一回だけブラウザにアクセスするだけ
pip install -r requirements.txt
python heartrate.py

しばらく放置しておくと…

勝手にリロードして心拍数データがあれば Mackerel にデータが飛んでグラフが生成される。

20161101001339

以上

fitbit の残念だったところ

  • スマフォアプリと常時同期を有効にしているけど、アプリをアクティブにしておかないと同期してくれないので、リアルタイムな感じで心拍数が同期されない(個人的に致命的な課題)

fitbit の良かったところ

  • Charge2 は軽くて良い
  • API で遊べるのが良い

元記事はこちら

flask で fitbit で収集した心拍数を Mackerel に送るサンプル