share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2016.10.31 MON

ACM を使うならリージョンに気をつけましょう [cloudpack OSAKA blog]

那須隆

WRITTEN BY那須隆

ナスです。

今日も忘れないようにメモ記事です。ELB や CloudFront に ACM の証明書をインポートする話です。

ACM のコンソール画面で各ドメイン管理者に承認リクエストを送る際、証明書を作るリージョンには気をつけましょう。
ELB に証明書をインポートする場合は、その ELB があるリージョンで証明書を作りましょう。
CloudFront に証明書をインポートする場合は、問答無用でバージニア北部で証明書を作りましょう。


docs.aws.amazon.com

間違ってもやり直せばいいけど、承認リクエストを再送しないといけないし、承認するお客様も「えーさっきやったやん!」って思われるので、二度手間を避けるためにもできる限り気をつけましょう。というお話。

元記事はこちら

ACM を使うならリージョンに気をつけましょう [cloudpack OSAKA blog]

那須隆

那須隆

ネットワークエンジニア、SAPコンサルタントを経て、cloudpackにJOIN。Webサイトや基幹システムのインフラ構築および運用を主に行い、シェルやPythonなどでスクリプトを組んで、インフラ運用の効率化を目指している。