share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2016.10.10 MON

Elasticsearch の Multi Search API メモ

川原 洋平

WRITTEN BY 川原 洋平

tl;dr

  • 定期的に Elasticsearch に問い合わせを行うバッチスクリプトで Elasticsearch への問い合わせ回数を減らしたい

memo

状況

  • Amazon ES に保存されたログを検索するバッチスクリプトで特定の ID 毎に日付を範囲してログの件数を取得する
  • 当初は ID が少なかったのであまり意識していなかったけど、テストで ID を増やしていったところ CPU 負荷も上がるし、たまに Amazon ES への接続エラーも発生している(認証辺りも絡んでいるかもしれない)
  • ID 毎に Elasticsearch に問い合わせを行う実装にしていた(先に気づけよ的な話ではある)

戦略


www.elastic.co

Multi Search API で実装すれば良さそう。

Multi Search API を使う前

以下のような感じのスクリプトで ID 毎に Elaseticsearch に検索していた。


#!/bin/bash

declare -A _hash
_hash["foo"]="2016-09-19T10:00:00+09:00"
_hash["bar"]="2016-09-19T10:00:00+09:00"
_hash["baz"]="2016-09-19T10:00:00+09:00"

while true;
do
  for key in ${!_hash[@]}; do
    curl -s -XGET "https://${AMAZON_ES_ENDPOINT}/cwl-*/_search" -w "\n" -d "
    {
      \"size\": 0,
      \"query\" : {\"term\" : { \"param_id\" : \"${key}\" }},
      \"aggregations\": {
        \"id_name\": {
          \"terms\": {\"field\": \"param_id\"},
          \"aggregations\": {
            \"id_count\": {
              \"filter\":{
                \"range\": { \"@timestamp\": { \"gte\": \"${_hash[${key}]}\", \"lte\": \"now\" }}
              }
            }
          }
        }
      }
    }" | jq -c '.aggregations.id_name.buckets[0]|{"id": .key, "count": .id_count.doc_count}'
    sleep 1
  done
  sleep 3
done

実行すると以下のような出力が得られる。

{"count":867,"id":"foo"}
{"count":863,"id":"bar"}
{"count":865,"id":"baz"}

Multi Search API を使った場合

以下のような感じで検索する。コードの行数も減らせてイイ感じ。

#!/bin/bash

declare -A _hash
_hash["foo"]="2016-09-19T10:00:00+09:00"
_hash["bar"]="2016-09-19T10:00:00+09:00"
_hash["baz"]="2016-09-19T10:00:00+09:00"

while true;
do
  queries=""
  for key in ${!_hash[@]}; do
    queries+="{\"index\": \"cwl-*\"}\n"
    queries+="{\"size\": 0,\"query\" : {\"term\" : { \"param_id\" : \"${key}\" }},\"aggregations\": {\"id_name\": {\"terms\": {\"field\": \"param_id\"},\"aggregations\": {\"id_count\": {\"filter\":{\"range\": { \"@timestamp\": { \"gte\": \"${_hash[${key}]}\", \"lte\": \"now\" }}}}}}}}\n"
  done
  echo -e ${queries} | curl -s -XGET 'https://${AMAZON_ES_ENDPOINT}/_msearch' --data-binary @- | \
  jq -c '.responses[].aggregations.id_name.buckets[0]|{"count":.id_count.doc_count,"id":.key}'
  sleep 3
done

実行すると以下のような出力が得られる。

{"count":1778,"id":"foo"}
{"count":1744,"id":"bar"}
{"count":1841,"id":"baz"}

Multi Search API を使う場合、クエリは以下のような内容となる。

{"index": ${インデックス名}}
{"query" : ${実際のクエリ}
{"index": ${インデックス名}}
{"query" : ${実際のクエリ}

Elasticsearch へのリクエストは以下のような内容となる。

echo -e ${queries} | curl -s -XGET 'https://${AMAZON_ES_ENDPOINT}/_msearch' --data-binary @-

で、Multi Search API を使ったらどうなったか

以下のようにバッチを動かしているコンテナの CPU 使用率が少しだけ下がった。
20160919214204

以上

必要に応じて Multi Search API を使いましょう。

元記事はこちら

Elasticsearch の Multi Search API メモ