share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2013.04.12 FRI

RubyでBacklogのAPIを利用して課題を追加してみる

鈴木 宏康

WRITTEN BY鈴木 宏康

Nagiosの監視とBacklogを連動したいと思い、Backlog APIを試してみました。

Rubyの処理系は、下記の通りです。


# yum -y install ruby
...
# ruby -v
ruby 1.8.7 (2011-06-30 patchlevel 352) [x86_64-linux]

そして、課題の追加は下記のようなスクリプトで可能となります。


# cat create-issue
#!/usr/bin/ruby
require "xmlrpc/client"

space = ARGV[0]
project = ARGV[1]
user = ARGV[2]
password = ARGV[3]
summary = ARGV[4]
description = ARGV[5]

proxy = XMLRPC::Client.new_from_hash({
"host" => space + ".backlog.jp",
"path" => "/XML-RPC",
"port" => 443,
"use_ssl" => true,
"user" => user,
"password" => password
})

proxy.call("backlog.createIssue", {
"projectId" => project,
"summary" => summary,
"description" => description
})

実行は下記の通りです。
(引数の意味合いはソースを参照下さい)


# ./create-issue space 0000000000 user password "test summary" "test description"
...

そうすると、下記のようにBacklogへ課題が追加されます。

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。