share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2016.05.30 MON

Storage Gateway を Windows Server バックアップのバックアップ先に使ってみる。

工藤 淳

WRITTEN BY工藤 淳

はじめに

くどうです

たまにはAWSネタも・・・
さて、ファイルサーバーを運用しているとバックアップは必須だと思います。
AWSではStorage Gatewayを利用してファイルサーバーとしてマウントしたり、バックアップを取ったりします。
しかし、Storage Gatewayでのバックアップはスナップショットです。
ファイル単位での復元が行えません。

そこで、Windows Server バックアップと併用して使うことで解消できるかもしれません。
実際の実態のファイルはファイルサーバーに保存します。
Windows Server バックアップを使いStorage Gateway に保存することでバックアップ先とします。

gs00

Storage GateWay

今回はゲートウェイキャッシュ型ボリュームを利用しています。

ファイルサーバー

ディスク1にStorageGatewayをマウント
ディスク2にEBSをマウント。こっちにファイルを保存します。

gs01

Windows Server バックアップの設定をします。

gs02

ファイルサーバー(EBS側)にファイルを保存します。

gs03

バックアップを取得します。

gs04-1024x675

ファイルを試しに消してみます。

gs05

Storage Gateway側に保存されたバックアップからファイルを戻してみます。

gs06-1024x671

正常に戻りました。

gs07

まとめ

Storage Gatewayをバックアップ先とすることでストレージコストを抑えることができます。
ただし、容量などはしっかりと設定してください。あふれる可能性もあるので。
さらに、Storage Gatewayでスナップショットを取ることでバックアップのバックアップを取得することも可能です(いるのか?
まぁこんな使い方もありかな。

ではでは

元記事はこちら

Storage Gateway を Windows Server バックアップのバックアップ先に使ってみる。

工藤 淳

工藤 淳

cloudpack事業部の本屋ではございません。エンジニアとしてAWSでシステム構築を主に行っています。 個人的に「クラウドっておもしれー」をコンセプトに様々なクラウドを取り扱っています。 また、クラウド、セキュリティ、オープンソース系の勉強会では登壇、スタッフ業に勤しんでいます。