share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2016.05.30 MON

AWS CLIの出力をYAMLにする

WRITTEN BY 山口 与力

@shogomuranushi さんが拙作のj2y で CloudFormation のテンプレートを作る話を書いてくれたので、なんか他の使い方ないかなーと思って書いてみます。

AWS CLIの表示形式は json, table, text選べますが、 yaml は選択肢にありません。

そこで、 j2y を使ってAWS CLIの出力をYAMLにしてみます。

$ j2y -e "$(aws ec2 describe-regions)"
Regions:
- Endpoint: ec2.eu-west-1.amazonaws.com
  RegionName: eu-west-1
- Endpoint: ec2.ap-southeast-1.amazonaws.com
  RegionName: ap-southeast-1
- Endpoint: ec2.ap-southeast-2.amazonaws.com
  RegionName: ap-southeast-2
- Endpoint: ec2.eu-central-1.amazonaws.com
  RegionName: eu-central-1
- Endpoint: ec2.ap-northeast-2.amazonaws.com
  RegionName: ap-northeast-2
- Endpoint: ec2.ap-northeast-1.amazonaws.com
  RegionName: ap-northeast-1
- Endpoint: ec2.us-east-1.amazonaws.com
  RegionName: us-east-1
- Endpoint: ec2.sa-east-1.amazonaws.com
  RegionName: sa-east-1
- Endpoint: ec2.us-west-1.amazonaws.com
  RegionName: us-west-1
- Endpoint: ec2.us-west-2.amazonaws.com
  RegionName: us-west-2

おお。これなら describe-instances とかの出力結果も少しは見やすいかもですね。

元記事はこちら

AWS CLIの出力をYAMLにする

山口 与力

最近うどんばかり食べてる蕎麦県民

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。