share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.01.24 MON

Route 53の利用

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

今、もっとも熱いAWSのプロダクトは Elastic Beanstalk かもしれませんが、
今回のクイックレビューは Route 53 です。

Route 53 はAWSが用意したDNSサービスで、
AWSのサービスらしく、すべてAPIが用意されており、
プログラムで、DNSの操作を行うことができます。

まずは、下記より”Route 53″が利用出来るようにサインアップしておく必要があります。
http://aws.amazon.com/route53/

“Route 53″の操作は以下の”dnscurl.pl”を利用するので
http://aws.amazon.com/developertools/Amazon-Route-53/9706686376855511
適当な(Perlが使える)UNIX環境上で作業することにします。

▼”dnscurl.pl”のダウンロード

# curl -OL http://awsmedia.s3.amazonaws.com/catalog/attachments/dnscurl.pl

※必要に応じてCPANモジュールを入れておく必要があります。

▼認証ファイルの作成

# vi secret.conf
--------
%awsSecretAccessKeys = (
 "suz-lab" => {
  id => "AAAAAAAA",
  key => "SSSSSSSS",
 },
);
--------
# chmod 600 secret.conf

※idにはAWSのアクセスキー、keyにはAWSのシークレットキーを記述します。

▼ゾーン作成ファイルの作成

# vi hosted_zone.xml
--------


 suz-lab.com.
 suz-lab
 
  suz-lab zone
 

--------

▼ゾーンの作成

# perl dnscurl.pl --keyfile secret.conf --keyname suz-lab -- -X POST ¥
> -H "Content-Type: text/xml; charset=UTF-8" ¥
> --upload-file hosted_zone.xml ¥
> https://route53.amazonaws.com/2010-10-01/hostedzone
--------


 
  /hostedzone/Z3M5OPEHXP6JOU
  suz-lab.com.
  suz-lab
  
   suz-lab zone
  
 
 
  /change/CP1BS9HXHYGRO
  PENDING
  2011-01-21T11:06:37.156Z
 
 
  
   ns-170.awsdns-21.com
   ns-956.awsdns-55.net
   ns-1914.awsdns-47.co.uk
   ns-1102.awsdns-09.org
  
 

--------

※Id(Z3M5OPEHXP6JOU)はよく使うので覚えておきます。
※設定すべきネームサーバもいくつか取得できます。

▼ゾーンの確認

# perl dnscurl.pl --keyfile secret.conf --keyname suz-lab -- ¥
> https://route53.amazonaws.com/2010-10-01/hostedzone/Z3M5OPEHXP6JOU
--------


 
  /hostedzone/Z3M5OPEHXP6JOU
  suz-lab.com.
  suz-lab
  
   suz-lab zone
  
 
 
  
   ns-170.awsdns-21.com
   ns-956.awsdns-55.net
   ns-1914.awsdns-47.co.uk
   ns-1102.awsdns-09.org
  
 

--------

▼レコード作成ファイルの作成

# vi resource_record.xml
--------


 
  add test
  
   
    CREATE
    
     test.suz-lab.com.
     A
     14400
     
      
       192.168.1.10
      
     
    
   
  
 

--------

▼レコードの作成

# perl dnscurl.pl --keyfile secret.conf --keyname suz-lab -- -X POST ¥
> -H "Content-Type: text/xml; charset=UTF-8" ¥
> --upload-file resource_record.xml ¥
> https://route53.amazonaws.com/2010-10-01/hostedzone/Z3M5OPEHXP6JOU/rrset
--------


  xmlns="https://route53.amazonaws.com/doc/2010-10-01/">
 
  /change/C25KZ8FGH5KOSA
  PENDING
  2011-01-21T11:33:28Z
 

--------

▼レコードの確認

# host test.suz-lab.com ns-170.awsdns-21.com
--------
Using domain server:
Name: ns-170.awsdns-21.com
Address: 205.251.192.170#53
Aliases:
test.suz-lab.com has address 192.168.1.10

これで、”Route 53″でDNSレコードの管理ができるようになりました。

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。