share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2016.03.14 MON

AMIバックアップを自動取得するLambdaファンクション(python版)【cloudpack大阪BLOG】

廣山 豊

WRITTEN BY廣山 豊

20151208223319

今回はシンプルなLambda。

今秋のre:InventでアップデートされたScheduled Eventを利用して、AMIバックアップをとるファンクションを作成しました。

仕様

仕様は以下のような感じ。

  • AMIバックアップをとりたいEC2に、タグ’Backup–Generation : 世代数’を設定しておく
  • ‘Backup-Generation’には、保持したい世代数を設定する
  • AMIおよびSnapShotには、元となるEC2のタグ群()を設定する ()Backup-Generationを除く
  • LambdaのScheduled Eventをトリガーに実行する
  • AMI取得後、本ファンクションで作成したAMIのうち、保持したい世代数よりも古いイメージおよびスナップショットを削除する
  • ファンクションで作成したAMIを区別するため、AMIおよびsnapshotにタグ’Backup-Type : auto’を付与する

EC2設定

まずは、EC2にタグ付け。
ここでは、2世代のバックアップをとることとします。

20151208223530

Lambdaファンクション

次は肝心かなめのLambdaファンクション。

コード

コードは、長くなるのでQiitaを参照ください。

AMIバックアップを取るLambdaファンクション(python) – Qiita

IAM Role

roleには以下を設定しています。

  • AmazonEC2FullAccess
  • AWSLambdaBasicExecutionRole

Event Source

毎朝2時に設定しました。

20151208224740

公式ドキュメントがわかりやすいです。

結果

こんな感じで、意図通り動いていそうです!

20151208230517

まとめ

EC2と1ヶ月のコスト比較をしてみます。コストは超概算ですので悪しからず。

EC2(*)の運用コストは以下です。

(*) 東京リージョン、オンデマンド、t2.micro、Linux

 0.02 (/hr) * 24 (hr) * 31 (days) = $14.88 / 月

Lambda(*)の運用コストを計算してみます。

(*) 東京リージョン、128MB

リクエスト回数は誤差の範囲になるので無視します。

実行時間は上述のログから引っ張ってきました。

 0.000000208 (/msec) * 43,889.93 (msec) * 31 (days) = $0.283 / 月

コストはなんと、52分の1に!!

Lambdaは今のところ無料枠に期間制限がないので、こちらも考慮すると更なるコスト削減になるかもです。

可用性のメリットもお忘れなく!

Scheduleイベントを使うことで、バッチ処理的に使っていたサーバーを捨てることができそうです!

今回はさらっと作ったLambdaファンクションですが、wait処理をSNSとかで無駄時間を減らすよう改善していきたいところです。

元記事はこちら

AMIバックアップを自動取得するLambdaファンクション(python版)【cloudpack大阪BLOG】