share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2016.02.10 WED

Check! IoT ができるようになるまで ~ ESP-WROOM-02 にシリアル通信で接続する

大平 かづみ

WRITTEN BY 大平 かづみ

こんばんは、cloudpack@dz_ こと大平かづみです。

Prologue – はじめに

IoT を目指すからには、インターネットへの接続が肝です。

ですが、私が使いたい Arduino で利用できそうな通信モジュールは高価で手を出しにくかったのでした。

そこで見つけたのは ESP-WROOM-02。安価(1000円前後)で技適も通っている利用しやすいWiFiモジュールなんです!

さっそくスイッチサイエンスさんで購入し、ピンをはんだ付けしました。

今回は、この ESP-WROOM-02 にシリアル通信して動作確認をしてみます!

基本の配線

ESP-WROOM-02 とシリアル通信するための構成を、ブレッドボード上で配線してみます。

いろいろなブログを参考にしつつ、このドキュメント「ESP to Serial | Supported Hardware · ESP8266 Arduino Core」を見本に配線しました。

なお、私はスイッチサイエンスさんの ESP-WROOM-02ピッチ変換済みモジュール《フル版》 を使ったので、これのピン配置をもとに説明します。(私も試行錯誤で配線しており、これで動作しているものの、もし間違っていたらすみません…)

ブレッドボードにプチプチ挿していきましょう~

ピン 配線
3V3 3.3V
EN 10KΩ抵抗を経由して 3.3V
IO14 未接続
IO12 未接続
IO13 未接続
IO15 10KΩ抵抗を経由して GND
IO2 10KΩ抵抗を経由して 3.3V
IO0 10KΩ抵抗を経由して 3.3V
GND GND
IO16 未接続
TOUT 未接続
RST 10KΩ抵抗を経由して3.3V
IO5 未接続
TXD (シリアル送信用)
RXD (シリアル受信用)
IO4 未接続

シリアル通信するための配線

上記の配線ができたら、前回「Check! IoT ができるようになるまで ~ まずはシリアル通信を使えるようになる」を参考に、シリアルアダプタと接続してみてください。

私の場合は、このようになりました。

cdd261d0-a5b0-7837-8ef5-06032f985e36

(この写真の配線は、右の配線を基盤の裏で通していたり、他の線もあるのであくまで参考程度にご覧下さい。)

ATコマンドで動作確認

配線ができたら、さっそくシリアル通信で動作確認をしてみましょう!

ATコマンドは、こちら「ESP8266 (ESP-WROOM-02)を使う」を参考に入力しました。
まず、 AT と入力すると、 OK と返ってきて、シリアルの送受信ができてることが確認できます。そのほか、 AT+ の組み合わせで ESP-WROOM-02 と通信ができます。

AT: 通信確立の確認

AT

OK

AT+GMR: ATコマンドのバージョン、および ESP SDKのバージョン

AT+GMR

AT version:0.25.0.0(Jun  5 2015 16:27:16)
SDK version:1.1.1
compile time:Jun  5 2015 21:03:10

OK

AT+CWMODE_CUR=1: アクセスポイントへ接続するモードへ移行

AT+CWMODE_CUR=1

OK

AT+CWJAP=",<パスワード>": Wifiアクセスポイントへ接続

AT+CWJAP="XXX,XXX"

WIFI CONNECTED
WIFI GOT IP

OK

AT+CIFSR: IPアドレスやMACアドレス

AT+CIFSR

+CIFSR:STAIP,"192.168.0.1"
+CIFSR:STAMAC,"xx:xx:xx:xx:xx:xx"

OK

77f1f900-b0eb-340f-d8d8-d0823f7e8c8d

ということで、シリアル接続の動作確認もでき、ATコマンドでWiFiへの接続ができました!

Epilogue – おわりに

IoTができるようになるまで、あともう少し!?

次回は ESP-WROOM-02 にプログラムを書き込んで、IoT プラットフォームに接続する準備を行います。どんどん進みますよー!

元記事はこちら

Check! IoT ができるようになるまで ~ ESP-WROOM-02 にシリアル通信で接続する

大平 かづみ

大平 かづみ