share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2016.02.10 WED

Slackでのファイル送信が危険すぎるので全部消すという暴挙にでる

WRITTEN BY齊藤 愼仁

Slack-filedelete_top

シンジです。Slackが便利なのはいいのですが、Slackはストレージ管理機能を持ち合わせていません。以前サポートに「ウチはBoxをメインで使ってるから、Slackにファイルをポイポイされると、アクセス権限が無視されちゃうから危ないのね、だからSlackでファイル送る機能そのものを無効に出来ない?」と聞いたことがあります。返答は「気持ちは分かる、今はできない、ごめんよ」でした。というわけで、Slackにアップロードされたファイルを自動的に削除する機能を実装”してもらいました”。

概要

  • 指定した期間を経過したファイルを検出して削除する
  • 対象はパブリックチャンネルのみ

コードはこちら

隣の席のハイパーエンジニア磯辺さんが作ってくれました
muramasa64/slackpolice · GitHub
https://github.com/muramasa64/slackpolice

使い方

gem install slackpolice
slackpolice remove_files --days 7 --api-token your_api_token

これだけ。この場合は、7日前(1週間経過)したファイルを検出して、削除する、ということです。
お好きなdaysを指定して下さい。

cloudpackの場合はBoxを使っているので

box_to_slack-01

D&Dは出来ないけど、送る方法はあるのです。

実際に送るとこうなる

box_to_slack-02

ちゃんとBoxの権限も引き継がれます。ファイルがあっちこっち行かなくて済みますね。もちろん送信元のファイルを更新すると、Slack側も自動的に更新されます。

というわけで

Slackもいいけど、Boxも使おう〜

元記事はこちら

Slackでのファイル送信が危険すぎるので全部消すという暴挙にでる

齊藤 愼仁

cloudpack 社内インフラ担当、情報セキュリティ責任者。HPCを経て現職に至る。無類の猫好きで、すだち君という名の猫を飼っている。