share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.04.01 FRI

EC2で日本語Windows(2008R2)

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

東京リージョンでEC2を利用するなら、Windowsも日本語で利用したいと思います。
今回は、Windowsの日本語での利用方法にを解説します。

まずはじめに、AWS Management ConsoleでWindowsインスタンスを起動しようとすると、
下記のウィザードで、該当AMIを簡単に見つけることができます。

しかし、ここで表示されているAMIで起動してログインすると、英語表記のデスクトップとなってます。

ただし、下記ののAMIは、
—–
AMI ID: ami-c01cb7c1
Name: Windows-2008R2-SP1-MultiLang-Base-v101
—–
というものなので、後から設定で日本語表記のデスクトップに変更することが可能です。

日本語の設定方法ですが、下記のWindowsメニューからControl Panelを選択します。

次に、Regional and Language Optionsのアイコンをダブルクリックして、設定画面を開きます。

Keyboards and LanguagesのタブのChoose a display languageで、日本語を選択した後にOKを押します。

ここで一旦、ログオフしますが、再度ログインすると、
日本語表記のデスクトップになってます。

また、AMIには、
—–
AMI ID: ami-b8e842b9
Name: Windows-2008R2-SP1-Base-Locale-JA-JP-v101
—–
というものも用意されており、
このAMIを使ってインスタンスを起動すれば、日本語のWindowsが利用可能になっています。

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。