share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.04.18 MON

東京リージョンのEC2にOracleをインストール

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

AMIは、もちろん@nkjmさんの作成した下記になります。

EC2のTokyo RegionでOracle Linux AMIを公開しました
AMI ID: ami-6ac2686b
Name: Oracle Linux 5.6 64bit customized by nkjm
Region: AP North East (Tokyo)

そしてOracleのインストールは、Oracle/11g/インストール(レスポンスファイルを利用したCUIでのインストール)を非常に参考にさせてもらいました。

今回は、レスポンスファイルを利用したCUIでのインストールを行います。

(1) “/etc/oraInst.loc”の作成

——–【oraInst.loc】——–

inventory_loc=/opt/oracle/oraInventory
inst_group=oinstall
# chown oracle.oinstall /etc/oraInst.loc
# chmod 644 /etc/oraInst.loc

(2) ORACLE_BASEディレクトリの作成

# mkdir /opt/oracle
# chown oracle:oinstall /opt/oracle
# chmod 755 /opt/oracle

(3) インストールファイルのダウンロードと展開

# su - oracle
$ mkdir /opt/oracle/src
$ cd /opt/oracle/src

OTNなどから下記のようなインストールファイルをダウンロード
linux.x64_11gR2_database_1of2.zip
linux.x64_11gR2_database_2of2.zip

# unzip linux.x64_11gR2_database_1of2.zip
# unzip linux.x64_11gR2_database_2of2.zip

ダウンロードをすると、databaseというディレクトリに展開されます。

(4) レスポンスファイルの編集
“/opt/oracle/src/database/response/db_install.rsp”を編集します。
今回は下記のようにしました。(他のパラメータはそのままです)

——–【db_install.rsp】——–

oracle.install.option=INSTALL_DB_SWONLY
ORACLE_HOSTNAME=localhost.localdomain
UNIX_GROUP_NAME=oinstall
INVENTORY_LOCATION=/opt/oracle/oraInventory
SELECTED_LANGUAGES=ja,en
ORACLE_HOME=/opt/oracle/product/11.2
ORACLE_BASE=/opt/oracle
oracle.install.db.InstallEdition=SE
oracle.install.db.DBA_GROUP=dba
oracle.install.db.OPER_GROUP=dba
SECURITY_UPDATES_VIA_MYORACLESUPPORT=false
DECLINE_SECURITY_UPDATES=true

(5) インストール

$ export ORACLE_BASE=/opt/oracle
$ export ORACLE_HOME=/opt/oracle/product/11.2

$ cd /opt/oracle/src/database
$ ./runInstaller -silent -responseFile /opt/oracle/src/database/response/db_install.rsp

(6) ログの確認と”root.sh”の実行

ログは下記のように出力されます。

/opt/oracle/oraInventory/logs/installActions2011-04-11_08-23-33AM.log
/opt/oracle/oraInventory/logs/oraInstall2011-04-11_08-23-33AM.err
/opt/oracle/oraInventory/logs/oraInstall2011-04-11_08-23-33AM.out

ログに下記が出力されたら、

——–【oraInstall2011-04-11_08-23-33AM.out】——–

The following configuration scripts need to be executed as the "root" user.
 #!/bin/sh
 #Root scripts to run

/opt/oracle/product/11.2/root.sh
To execute the configuration scripts:
         1. Open a terminal window
         2. Log in as "root"
         3. Run the scripts
         4. Return to this window and hit "Enter" key to continue

以下のようにroot権限で”root.sh”を実行します。

# /opt/oracle/product/11.2/root.sh

これでOracleデータベースのインストールが完了しました。
次はデータベースの作成です。

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。