share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2016.01.18 MON

AWS RDSイベント通知を受け取る

WRITTEN BY大住 孝之

RDSのイベント通知機能としてEvent Subscriptionがあり、イベント発生時に任意のメールアドレスに通知ができます。

20151122161333

メールのアラート受信は埋もれやすいので、DatadogとSlackへ通知します。
基本的にはメール送信による投稿が可能なサービスへの連携が可能と思います。

目次

RDSイベント通知

設定すると以下の様なFailover等のイベント発生時に設定したメールアドレス宛に通知してくれます。

20151122152043

RDSイベント通知設定

20151122152044

AWSマネジメントコンソールのRDSダッシュボードからEventSubscription -> CreateEventSubscription

20151122152045

  • Name
    • イベント通知名称
    • ちなみにアンダースコア(_)は使用不可
  • Send notifications to
    • 送信先
    • 実体はAWS SNSのARN

“create topic”リンククリックで、メールアドレスを入力できるようになるので、通知したい宛先を入力します。
Datadog、Slackへの通知に使用するメールアドレス取得方法は後述します。

20151122152046

Datadogへ通知

DatadogにはAWSで発生したイベントを拾ってくれる機能がありますが、 RDSのイベントは含まれていません。

20151122152052

Datadogにメールによる投稿を行うことで、Eventsへ出力させます。

Datadogメールアドレス払い出し

Integrations -> APIs

20151122152047

Create API Email

20151122152048

メールアドレス(event-XXXXX@dtdg.co)が払い出されます。

Datadog上でConfirm

RDSイベント通知設定にメールアドレスを登録するとConfirmationのメールが届きます。
Datadogの場合はEvents画面上で参照できます。

20151122152049

Confirm subscriptionのリンクをクリックし、認証を完了します。

20151122152050

イベント発生時には以下の様なメッセージが通知されます

20151122152051

Slackへ通知

Slackメールアドレス払い出し

Integrations -> Email

20151122152053

Create an Email Integration

20151122152054

メールアドレス(xxxxx@XXXXX.slack.com)が払い出されます。
投稿したいチャンネル、アイコン等を設定します。

20151122152055

Slack上でConfirm

RDSイベント通知設定にメールアドレスを登録するとConfirmationのメールが届きます。
Slackの場合は以下のようなメッセージが届きます。

20151122152056

Confirm subscriptionのリンクをクリックし、認証を完了すると、以下の様なメッセージが通知されます。

20151122152057

まとめ

クリティカルなイベントは標準でアカウント宛に通知してくれても良いのではと思いました。
まだまだ根強いですが、Eメールでアラート受信の運用は止めたいです。
以下、余談です。 DatadogにEventをトリガーにアラート通知する機能があります。が、
フィルタが正常に起動しなかったり、1分単位で発生したイベントを掴めなかったりと、現時点では少々挙動が怪しいです。
サポートさんへissueを挙げてますので修正されることを期待します。

元記事はこちら

AWS RDSイベント通知を受け取る

大住 孝之

構築運用担当。 個性的な面々の中で無個性という個性を打ち出していこうと画策中。