share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2016.01.18 MON

RabbitMQ エクスポート/インポート

WRITTEN BY 大住 孝之

RabbitMQでクラスタ化せずに vhost,exchange等を移行できます。

20151124004337

RabbitMQのAPIを介して行えます。
尚、administrator権限が必要になるので、接続ユーザに予め権限付与しておきます。

# ユーザ追加
rabbitmqctl add_user "ユーザ名" "パスワード"
# administrator付与
rabbitmqctl set_user_tags "ユーザ名" administrator

エクスポート

  • definitions.jsonに出力
_src_user=
_src_pass=
_src_ip=
_src_port=

# Export
curl -s -S -u ${_src_user}:${_src_pass} 
  http://${_src_ip}:${_src_port}/api/definitions > definitions.json

インポート

  • definitions.jsonから入力
_dst_user=
_dst_pass=
_dst_ip=
_dst_port=

# Import
curl -s -S -X POST -u ${_dst_user}:${_dst_pass} 
  -H "content-type:application/json" -d "@definitions.json" 
  http://${_dst_ip}:${_dst_port}/api/definitions

簡易バックアップにも使えそうです。

元記事はこちら

RabbitMQ エクスポート/インポート

大住 孝之

構築運用担当。 個性的な面々の中で無個性という個性を打ち出していこうと画策中。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。