share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.05.27 FRI

ELBで利用できるセッションの管理方法(セッション維持について)

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

ELBで利用できるセッションの管理方法は、3種類あります。

【Disable Stickiness】

セッションを維持しない方法です。
AWS Management Consoleでは、下記のように設定することができます。

【Enable Load Balancer Generated Cookie Stickiness】

ELBが独自のCookieを発行し、これを用いてセッションを維持する方法です。
AWS Management Consoleでは下記のように設定することができ、有効期限を指定することも可能です。

【Enable Application Generated Cookie Stickiness】

アプリケーションのCookieを用いてセッションを維持する方法です。
AWS Management Consoleでは下記のように設定することができ、Cookie名を指定する必要があります。

ちなみにELBの用いている負荷分散アルゴリズムは、
リクエストを最も負荷が少ないEC2インスタンスに割り振る方式になります。
(詳しくはELBの負荷分散アルゴリズムを参照)

AWSは機能が多彩なので、定期的に復習をしておくとよいですね。

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。