share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2015.12.22 TUE

ラムダこりゃ(AWS Lambda チュートリアル 5)〜 Lambda と Python と Datadog で簡易 HTTP モニターを作る 〜

川原 洋平

WRITTEN BY川原 洋平

Lambda の Scheduled Handler と Python の組み合わせが地味に楽しいかっぱです。

tl;dr

ラムダこりゃシリーズ 5 回目になるので、何か役に立ちそうなことをしてみたいということで Lambda + Python + Datadog で簡易 HTTP モニターを作ってみた。

どんなものか?

構成と処理の流れ

20151015095424

ザックリ

  • Lambda + Scheduled Handler でサーバー要らず
  • 監視対象の URL は S3 のバケットに置く
  • レスポンスコードをチェックして 200 以外が返ってきたら Datadog の Event に通知
  • レスポンスタイムも計測、値は Datadog にて可視化
  • レスポンスタイムのしきい値を超えたら Datadog の Event に通知
  • 発生した Event に応じて通知を設定(手動で Slack に飛ばす等)

おソース

github.com

相変わらず雑。

ざっくり使い方

  • config.ini を書く
[datadog]
api_key = xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
title_prefix = http-monitoring.

[s3]
bucket_name = your-bucket
urls_list = url_list
  • URL リストを書く(# は除いて書く)
# flag(0=Active / 1=Inactive), title, url, レスポンスタイムしきい値
0,url1,http://pm25.test.inokara.com/kyusyu/2015-10-11.html,0.01
1,url2,http://pm25.test.inokara.com/kyusyu/2015-10-11.html,0.01
  • URL リストを S3 バケットにアップロード(事前にバケットを作っておく)
% aws s3 cp url_list s3://your-bucket/url_list
  • 必要なモジュールをインストールする
% cat << EOT >> ~/.pydistutils.cfg
[install]
prefix=
EOT
% pip install requests ./
% pip install boto3 -t ./
% rm ~/.pydistutils.cfg
  • ソースコードを zip で固める
# ソースコードを zip で固める
% zip -r your_function.zip *
  • Lambda ファンクションを作成
# Lambda ファンクションを作成
% aws lambda --region us-east-1 
 create-function 
 --function-name http-monitor 
 --runtime python2.7 
 --role arn:aws:iam::123456789012:role/lambda_basic_execution 
 --handler http-monitor.lambda_handler 
 --timeout 10 
 --zip-file fileb://your_function.zip

Lambda ファンクションに利用する IAM role には S3 の Read-Only ポリシーも付与しておくのをお忘れなく…。

スクショ

  • Datadog の Events

20151015091216

  • Datadog の Metrics

20151015091749

  • Datadog の Monitor

20151015091804

得た知見

datadogpy を使ってない理由

今回は Datadog API の Python 版ライブラリである datadogpy を使いたかったが以下のエラーが出てしまったので使ってない。

20151015214943

Unable to import module 'http-monitor': No module named pkg_resources このエラーが出るのはなんでだろう…。未だに謎。

boto3 で S3 にアクセスする

# config.ini から設定ファイルの読み込み
c = ConfigParser.SafeConfigParser()
c.read("./config.ini")

# boto3 を利用して S3 上の URL リストを取得
def get_urls_list():
    logging.info("=== boto3 を利用して S3 上の URL リストを取得")
    s3 = Session().client('s3')
    response = s3.get_object(Bucket=c.get('s3','bucket_name'), Key=c.get('s3','urls_list'))
    body = response['Body'].read()
    # 内容をバルクで返す
    return body.strip()

上記の関数はバケット(c.get('s3','bucket_name'))に含まれるキー = オブジェクト(c.get('s3','urls_list'))の中身を以下のような結果を返す。

0,soramame,http://pm25.test.inokara.com/kyusyu/2015-10-11.html,1.0
1,yahoo,http://www.yahoo.co.jp/,1.0
1,google,https://www.google.co.jp/,1.0
0,soramame2,http://pm25.test.inokara.com/kyusyu/2015-09-18.html,1.0
0,soramame3,http://pm25.test.inokara.com/kyusyu/2015-10-01.html,1.0

受け取った値は以下のように展開した。

    urls_list = get_urls_list()
    for url_list in urls_list.split("n"):
        access_list = url_list.rstrip().split(",")
        if str(access_list[0]) == '0':
            res_time, res_code = check_http_access(access_list[2])
            if res_code != 200:
                post2datadog_event(c.get('datadog','title_prefix') + access_list[1], res_code, res_time, 'error')
            elif res_code == 200 and res_time > float(access_list[3]):
                post2datadog_event(c.get('datadog','title_prefix') + access_list[1], res_code, res_time, 'warning')

            post2datadog_metric(c.get('datadog','title_prefix') + access_list[1], currenttime, res_time)

レスポンスタイムとステータスコードを一緒に返す方法

関数からの戻り値に関して、同時に二つの戻り値を返したい場合には以下のように書いた。

# 指定した URL にアクセスしてレスポンスコードとレスポンスタイムを返す
def check_http_access(url):
    logging.info("=== elapsed.total_seconds() を利用して http レスポンスを確認")
    logging.info("=== %s にアクセス" % url)
    start = time.time()
    r = requests.request('GET', url)
    r.content
    roundtrip = time.time() - start
    # print roundtrip
    # return (round(r.elapsed.total_seconds(), 2), r.status_code)

    """
     - 小数点以下 2 桁でレスポンスタイムを返す
     - ステータスコードを返す
    """
    return (round(roundtrip, 2), r.status_code)

ということで

次は

  • HTTP アクセスを並列処理化して処理時間の短縮を目指す
  • boto を使って色々な AWS リソースにアクセスしつつ Lambda との連携を模索していきたい

元記事はこちら

ラムダこりゃ(Amazon Lambda チュートリアル 5)〜 Lambda と Python と Datadog で簡易 HTTP モニターを作る 〜