share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

R53 Fox(新機能に対応済み)を利用してみました

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

R53 Foxが早速Route 53の新機能(新しいエイリアス機能/重み付けラウンドロビン)に
対応したそうなので、早速、導入してみました。

はじめに、winebarrel / R53 Fox からFirefoxのアドオン(r53-fox-0.1.7-2.xpi)をダウンロードし、
下記のようにインストールします。

インストール後にFirefoxを再起動すると、下記のように使えるようになっています。

ツールのR53 Foxを起動し、右下のAccountボタンから、
アクセスキーとシークレットキーを登録します。

登録が終わると、既に設定済みのゾーンが表示されました。

そしてレコードを確認すると、新機能のレコードタイプタイプA (Alias)(エイリアス)と
ラウンドロビン用の重み(Weight)が設定されていることを確認することができます。

選択できるレコードタイプも下記の通りです。

これにより、簡単にRoute 53の新機能も扱うことができるはずです!

AWS Management Consoleには組み込まれたらいいですね。

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。