share facebook facebook2 twitter menu hatena pocket slack

2015.12.22 TUE

メトリックスフィルタでLambdaから"CloudWatch Logs"に出力されたログの件数をメトリックスにする

鈴木 宏康

WRITTEN BY鈴木 宏康

下図のように、LambdaのログはCloudWatch Logsに出力されますが、さらにメトリックスフィルタ機能を使うと、そのログの(パターンにマッチした)件数をメトリックスにして、グラフ表示したりアラーム設定したりできるようになります。

Untitled(13)

CloudWatch Logsのロググループからロググループを指定してメトリックスフィルタを作成します。

2015-10-22_15-12-56

ログをフィルタリングするパターンを指定します。

2015-10-22_15-16-37

メトリックス名を設定します。

2015-10-22_15-20-39

メトリックスフィルターが作成完了しました。

2015-10-22_15-21-52

下記のようにCloudWatchのメトリックスとして、パターンに該当したログの件数がグラフ等で確認することができます。

2015-10-22_15-44-23
あとは、このメトリックスに対して、アラームを設定したり、他ツールと連携したりと、いつものCloudWatchを利用したパターンが適用できるはずです。

元記事はこちら

メトリックスフィルタでLambdaから”CloudWatch Logs”に出力されたログの件数をメトリックスにする

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。