share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.06.13 MON

EC2のInstance Metadata短縮URL

WRITTEN BY 後藤 和貴

EC2では内部から Instance Metadata というインスタンスの情報を取得可能で、簡単なURLリクエストでデータにアクセスすることができます。

参考: http://docs.amazonwebservices.com/AWSEC2/latest/UserGuide/index.html?AESDG-chapter-instancedata.html

Twitterを見ていたら、@maru_takさんが下記のようにツイートしていました。

http://169.254.169.254/latest/meta-data/ が覚えにくいので、I rock to go for (繰り返し)the latest metadata と歌うロッカーのビジュアルで覚えることにした #jawsugless than a minute ago via web Favorite Retweet ReplyTak
maru_tak


そういえば自分でも「便利なURLだったけどいつもURL忘れていて検索してたな」と思いました。

そこで、覚えやすくするために短縮URLにしてみようと思い、bit.lyを使って短縮してみました。
メタデータ名は壊さず、できるだけ規則的になるよう以下のように短縮してみました。

  • http://bit.ly/aws-meta-data
  • http://bit.ly/md-ami-id
  • http://bit.ly/md-ami-launch-index
  • http://bit.ly/md-ami-manifest-path
  • http://bit.ly/md-hostname
  • http://bit.ly/md-instance-action
  • http://bit.ly/md-instance-type
  • http://bit.ly/md-local-hostname
  • http://bit.ly/md-local-ipv4
  • http://bit.ly/md-mac
  • http://bit.ly/md-profile
  • http://bit.ly/md-public-hostname
  • http://bit.ly/md-public-ipv4
  • http://bit.ly/md-reservation-id
  • http://bit.ly/md-security-group
  • http://bit.ly/md-availability-zone

aws-meta-dataのみ例外になってしまっていますが、/mdや/meta-dataは、
取得され済みだったので仕方なく上記のようにしています。

利用する際はリダイレクトを追いかけるようにし、curlコマンドならば-Lオプションをつけて以下のようにすれば大丈夫です。

$ curl -L http://bit.ly/md-local-ipv4
10.162.165.219

$ curl -L http://bit.ly/md-hostname
ip-10-162-165-219.us-west-1.compute.internal

こちらの記事はなかの人(klog)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

後藤 和貴

執行役員 / エバンジェリスト。外向けにはイベントや勉強会などで講演する役割。社内ではマーケティング全般と新商品企画やPR戦略などを担当しています。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。