share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

コンソール・コマンドからのインスタンスstop/reboot時間測定

最近、インスタンスのstop/rebootをコンソールとコマンドから実行した時に、
どちらが早いのか気になったので、早速、実際に測定してみました。

測定を行った環境は下記の通り
・Region:Asia pacific(Tokyo)
・Type:t1.micro
・HDD容量:10GB

はじめに、stopした時の測定結果です。
stopコマンドは、下記となります。

ec2-stop-instances インスタンス名 –force -K アクセスキー -C シークレットキー –region ap-northeast-1

結果は約36秒

今度は、コンソールからのstopした時の測定結果です。

結果は約34秒

次に、rebootした時の測定結果です。
rebootコマンドは、下記となります。

ec2reboot -K アクセスキー -C シークレットキー インスタンス名 –region ap-northeast-1

結果は約38秒

今度は、コンソールからstopした時の測定結果です。

結果は約36秒

どちらもそれほど大きくは変わりませんでした。

今回の測定結果としては、障害が発生したインスタンスやサーバスペックによって
結果が異なってくると思いますので、何とも言えない結果でした。

とはいえ、普通のサーバと比べると、当たり前ですが、かなり早いです。

こちらの記事はなかの人(be_hase)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

長谷部 隆之

長谷部 隆之

別名cimacoppi。日々サーバ運用保守を行ってます!

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。