share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.06.29 WED

そのとき、クラウドエンジニアはどう動いたか(G-CLOUD Magazine 2011 Summer)

櫛田 草平

WRITTEN BY 櫛田 草平

本日(6/29)技術評論社より発売された「G-CLOUD magazine | 2011 summer」に、
cloudpackエバンジェリスト後藤(@kaz_goto)のコラムが紹介されています。

内容は、「そのとき、クラウドエンジニアはどう動いたか」という題名で、
後藤が東日本大震災直後に行ったサイト復旧支援活動について、
Twitterのつぶやきから活動がはじまり、その後JAWS-UGのメンバーで対策チームが組まれ、
一心不乱に活動していた様子が書かれています。

尚、下記のページ内では、実際の記事内容とtwitterの画面も紹介していますので、
ご興味のある方は、是非、ご覧ください。

詳細については、トピックス(そのとき、クラウドエンジニアはどう動いたか)よりご覧ください。

櫛田 草平

櫛田 草平

cloudpackで運用、保守、構築、夜間対応を担当しており、日々様々な課題に対応していますのでこの経験を記事にしていけたらと思います。 櫛田 草平

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。