share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.07.01 FRI

cloudpackにおけるAWSによるDR 2(G-CLOUD Magazine 2011 Summer)

櫛田 草平

WRITTEN BY 櫛田 草平

前回のcloudpackにおけるAWSによるDR 1に引き続き、第2回目になります。

今回は、はじめに静的なコンテンツである「ゆれくるコール」のサポートサイトを移行する作業で、
震災の影響により、負荷が高くなり、サイトが不安定になってしまったとのことから、
cloudpackで対応した作業について紹介しています。

また次に、動的コンテンツである「buji.me」と「medica.net」の2サイトが震災による影響で、
既存のホスティングでは不安があり、cloudpackが可用性の高い環境への移行作業について書いています。

実際に利用した技術なども紹介しておりますので、ご興味のある方は、是非、ご覧ください。

詳細については、トピックス(cloudpackにおけるAWSによるDR 2)よりご覧ください。

櫛田 草平

櫛田 草平

cloudpackで運用、保守、構築、夜間対応を担当しており、日々様々な課題に対応していますのでこの経験を記事にしていけたらと思います。 櫛田 草平

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。