share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.07.06 WED

SUZ-LAB謹製 JMeter Server AMI (5.6.3-2.4.0.1 32bit ap-northeast-1)

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

負荷テストを行う度に、毎回サーバを構築していたので、AMI化することにしました。
起動と同時にJMeterサーバが起動するようにします。

AMIを「suz」で検索してもらえれば、

811118151095/suz-lab_ebs_centos-jmeter-i386-5.6.3-2.4.0.1

上記のAMIが見つかるはずです。

SUZ-LAB CentOSからの構築手順は下記のようになります。

まずはじめに、Javaのインストールです。全オペレーティングシステムの Java のダウンロード一覧からLinux RPM (自己解凍ファイル)をダウンロードします。

ダウンロード後、下記のようにインストールします。

# chmod 755 jre-6u26-linux-i586-rpm.bin
# ./jre-6u26-linux-i586-rpm.bin
Unpacking...
Checksumming...
Extracting...
UnZipSFX 5.50 of 17 February 2002, by Info-ZIP (Zip-Bugs@lists.wku.edu).
  inflating: jre-6u26-linux-i586.rpm 
準備中...                ########################################### [100%]
   1:jre                    ########################################### [100%]

Unpacking JAR files...
 rt.jar...
 jsse.jar...
 charsets.jar...
 localedata.jar...
 plugin.jar...
 javaws.jar...
 deploy.jar...

Done.
# java -version
java version "1.6.0_26"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_26-b03)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 20.1-b02, mixed mode, sharing)

次に、下記のようにJMeterのインストールをします。

# cd /opt/
# curl -OL http://www.meisei-u.ac.jp/mirror/apache/dist//jakarta/jmeter/binaries/jakarta-jmeter-2.4.tgz
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100 17.4M  100 17.4M    0     0  8230k      0  0:00:02  0:00:02 --:--:-- 9052k

# mv jakarta-jmeter-2.4 jmeter-2.4
# ln -s jmeter-2.4 jmeter

そして、jmeter-serverコマンドが実行できれば成功です。

# /opt/jmeter/bin/jmeter-server
Created remote object: UnicastServerRef [liveRef: [endpoint:[10.146.102.69:20447](local),objID:[4467b9e1:130f350e74a:-7fff, 4997584541455937778]]]

最後に、起動時にJMeter Serverが起動するように/etc/rc.localに下記を記述します。

...
# For JMeter
cd /opt/jmeter
/opt/jmeter/bin/jmeter-server >jmeter-server.out 2>&1 &

ログの出力は、下記になります。

/opt/jmeter/jmeter-server.out /opt/jmeter/jmeter-server.log

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。