share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.07.06 WED

WindowsのAMIを作成するときにGet Windows Passwordでパスワードを取得

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

AmazonのAMIでWindowsインスタンスを立ち上げる際、下記のように、ログインパスワードをGet Windows Passwordで取得する必要があります。

そして、このインスタンスをもう一度AMIにした場合、そのAMIから起動したWindowsインスタンスは、上記パスワードのままでログインすることが可能です。

しかし最初の起動は、ランダムにパスワードが設定されていますが、上記の方法でパスワードを取得する必要があるAMIを作成したいこともあるかと思います。

そういった時は、Windows上で動いているEC2Configサービスの設定ファイル(confix.xml)を調整することで実現することができます。

C:Program FilesAmazonEc2ConfigServiceSettings

設定ファイルの内容は、以下の「Ec2SetPassword」の項目を「Enabled」にすることで最初の起動時にランダムパスワードが再設定され、先程の方法でパスワード取得するようになります。
(その後はDisabledが設定され同一パスワードでログインできます。)





Ec2SetPassword
Disabled


Ec2SetComputerName
Enabled


Ec2InitializeDrives
Enabled


Ec2EventLog
Disabled


Ec2ConfigureRDP
Disabled


Ec2OutputRDPCert
Enabled


Ec2SetDriveLetter
Enabled


Ec2WindowsActivate
Disabled



true
true
true


その他のパラメータなどの詳細は、
Amazon Elastic Compute Cloud User GuideのAppendix C: Windows Configuration Serviceに記載されています。

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。