share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.07.08 FRI

AWS OracleRDSパラメータグループ変更(sec_case_sensitive_logon)

櫛田 草平

WRITTEN BY 櫛田 草平

最近、AWSでOracleRDSが利用可能になって、かなりOracleが熱いです。

ということで、既存のオラクルでは、sec_case_sensitive_logon(大文字小文字の区別)がRDSはディフォルトでは、ON(true)になっているようなのです。

SQL> show parameter case

NAME
------------------------------------
TYPE VALUE
-------------------------------------------- ------------------------------
sec_case_sensitive_logon
boolean TRUE

以下で紹介している方法で、変更することが可能出来ます。
ただし、AWS_KEYとかAWS_SECRET_KEYとか記述は設定されている条件です。
(RDSのパラメータグループ名はhoge 東京リージョン)

$rds = new AmazonRDS();
$rds->set_region(AmazonRDS::REGION_APAC_NE1);
$response = $rds->modify_db_parameter_group('hoge', array(
array(
"ParameterName" => "sec_case_sensitive_logon",
"ParameterValue" => "0",
"ApplyMethod" => "pending-reboot"
)
));

var_dump($response);

コンソール上でfalseを確認後、RDSを再起動したら終了です。

SQL> show parameter case

NAME
------------------------------------
TYPE VALUE
-------------------------------------------- ------------------------------
sec_case_sensitive_logon
boolean FALSE

こちらの記事はなかの人(kenjionsoku)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

櫛田 草平

櫛田 草平

cloudpackで運用、保守、構築、夜間対応を担当しており、日々様々な課題に対応していますのでこの経験を記事にしていけたらと思います。 櫛田 草平