share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.07.11 MON

AWSの運用でよく使うコマンド ベスト3

櫛田 草平

WRITTEN BY 櫛田 草平

AWSのコンソールは、本当に良くできていて、大抵のことが設定出来るのですが、稀に設定出来ず、壁ぶつかってしまうことがあり、そういった時には、コマンドを利用して解決することがあります。

そこで、あくまで個人レベルのの印象として、よく使うコマンドをランキングにしてみました。

1位 elb-register-instances-with-lb(ELBにインスタンス(EC2)を繋げる)

コンソールでも出来ると思われがちですが、既にELBに繋がっているインスタンスを別のELBにも繋げる時、インスタンスを繋げることが出来ません。
SSLの問題でドメインごとにELBを分けるケースが多いため、利用しています。

利用方法は、Elastic Load Balancing(ELB)でインスタンス(EC2)の追加/削除に掲載されています。

2位 elb-enable-zones-for-lb(ELBでBゾーンも設定可能にする)

このコマンドを使わないとコマンドから別ゾーンが使えないようで、A、Bで複数のゾーンにインスタンスを繋げるときに使っています。

例)日本リージョンのBゾーンも可能にする方法

elb-enable-zones-for-lb hoge-elb ^
-I Axxxxxxxxxxxxxxxxxxxx ^  アクセスキー
-S yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy ^  シークレット
--headers --availability-zones ap-northeast-1b ^
--region ap-northeast-1

3位 ec2reg(AMI作成)

EC2が無反応になった時に、このコマンドを利用しています。
無反応時には、スナップショットからの復旧が一番早いため、コンソール上からスナップショットを作成し、このコマンドでAMIを作成しています。

利用方法は、EC2インスタンスをリブート/停止しないでAMI作成に掲載されています。

4位以降も、またの機会に公開出来ればと思います。

こちらの記事はなかの人(kenjionsoku)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

櫛田 草平

櫛田 草平

cloudpackで運用、保守、構築、夜間対応を担当しており、日々様々な課題に対応していますのでこの経験を記事にしていけたらと思います。 櫛田 草平

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。