share facebook facebook twitter menu hatena pocket slack

2011.07.14 THU

Oracle RDSでトレースファイルを取得

鈴木 宏康

WRITTEN BY 鈴木 宏康

Oracle RDSのアラートログとリスナーログを確認で、ログの取得について紹介したので、今回はトレースファイルの内容の取得についてです。
(トレースファイルは、エラーなどの発生状況をより詳細に記録したファイルです)

まずは、下記のように準備します。

SQL> exec rdsadmin.manage_tracefiles.refresh_tracefile_listing;
PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

このようなビューが作成され、

SQL> desc rdsadmin.tracefile_listing;
名前      型                                      
--------  -------------
FILENAME  VARCHAR2(400)
TYPE      VARCHAR2(12)
FILESIZE  NUMBER
MTIME     VARCHAR2(400)

内容は、下記のようになります。

SQL> select FILENAME from rdsadmin.tracefile_listing;
FILENAME
----------------------------
...
alert_SUZLAB.log.2011-07-09
SUZLAB_m000_30430.trc
SUZLAB_j000_19395.trm
...

トレースファイルの内容を確認するには、上記でリスティングしたトレースファイル名を、 下記のように指定してPL/SQLプロシージャを実行し、tracefile_tableをSELECTすることで可能です。

SQL> exec rdsadmin.manage_tracefiles.set_tracefile_table_location('SUZLAB_m000_30430.trc');
PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。
SQL> select * from tracefile_table;
TEXT
--------------------------------------------------------------------------------
Trace file /rdsdbdata/log/diag/rdbms/suzlab_a/SUZLAB/trace/SUZLAB_m000_30430.trc
Oracle Database 11g Release 11.2.0.2.0 - 64bit Production
ORACLE_HOME = /rdsdbbin/oracle
System name: Linux
Node name: ip-10-146-1-184
Release: 2.6.18-238.el5xen
Version: #1 SMP Sun Dec 19 14:42:02 EST 2010
Machine: x86_64
VM name: Xen Version: 3.4 (PVM)
Instance name: SUZLAB
Redo thread mounted by this instance: 1
Oracle process number: 28
Unix process pid: 30430, image: oracle@ip-10-146-1-184 (M000)
...

hanganalyze情報が必要な場合は、下記のようにします。

SQL> exec rdsadmin.manage_tracefiles.hanganalyze;
PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。
SQL> exec rdsadmin.manage_tracefiles.set_tracefile_table_location('SUZLAB_ora_18585_HANGANALZE.trc');
PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。
SQL> select * from tracefile_table;
TEXT
--------------------------------------------------------------------------------
...

systemstate情報が必要な場合は、下記のようにします。

SQL> exec rdsadmin.manage_tracefiles.dump_systemstate;
PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。
SQL> exec rdsadmin.manage_tracefiles.set_tracefile_table_location('SUZLAB_ora_18810_SYSTEMSTATE.trc');
PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。
SQL> select * from tracefile_table;
TEXT
--------------------------------------------------------------------------------
...

こちらの記事はなかの人(suz-lab)監修のもと掲載しています。
元記事は、こちら

鈴木 宏康

鈴木 宏康

愛知県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。在学時より、ベンチャー企業でインターネットに関する業務に携わり、現在はクラウド(主にAmazon Web Services)上での開発・運用を軸とした事業の、業務の中心として活躍。

cloudpack

cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。
AWS上のインフラ構築およびAWSを活用したシステム開発など、案件のご相談はcloudpack.jpよりご連絡ください。